A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

「評価」って言い方はやめて「○○」にしよう。

日本語で読み方が一番多く存在する漢字はなんでしょうか?

 

・・・・

 

・・・・

 

答は、

「生」

だそうです。

 

何と150通りぐらい読み方があるそうで。

あ、私の住んでいる町も「福生」で、「ふっさ」と読みます。
「さ」という読み方もあるということでしょうか。

 

一方で、読み方がたった一つしかない漢字は何かご存知でしょうか。

 

・・・・

 

・・・・

 

答は、

 

「死」

 

だそうです。

「し」という読み方以外使われないとのこと。

 

 

ぜひ、何かのネタで使ってください。

あ、有名な話かな。

セミナーで使えるかな。うーん。

 

さて、本題です。

 

「評価」って言い方はやめて「○○」にしよう。

 

 

(寝ぐせ?)

 

これ。

「人事評価制度」とか、「評価シート」とか、「評価する」みたいに、

「評価」という言葉は、人事評価制度にはたくさん出てきます。

当たり前。

 

で、この「評価」という言葉には、多くの人が抵抗があるのです。
アレルギーみたいなもの。

 

「人事評価」というと、堅いイメージですし、難しいことやるのか、という印象も持たれ、自分に点数を付けられるのか・・・、というような非常に負のイメージが出てきてしまうのですね。

 

なので、最近はこの言い方を変えて導入することが増えてきました。

 

 

「自己成長制度」

「成長支援システム」

「育成サポート制度」

 

などなど。

使うものも、

「自己成長シート」とか「成長サポートシート」とか「スキル向上支援シート」とか、そんな感じで色々です。

言い方だけの問題かもしれませんが、抵抗感、アレルギーがなく入り込んでいけるだけでもメリットは大きいです。

 

そして何より、本当にやりたいことが、「評価」ではなく、「成長支援」なのであれば、

その目的通りの名称の方がよいかもしれませんね。

 

「人事評価制度」

ではなく、

「成長支援制度」。

 

おススメです。

 

 

本日の日課 76点 (今日もお願いランキング見ようっと)

(日課とは、私のオリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

-A4一枚評価制度