A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

フィードバック面談その4.コーチングのスキル「承認」。

2018/03/05

最近、我が家のクロネコは、
コップの中に顔を突っ込んで寝る、という、
変な寝方をしています。

落ち着くらしいです。(多分)

 

さて、本題です。

 

フィードバック面談その4.コーチングのスキル「承認」。

 

「承認」
承認の仕方にもコーチングスキルが活かせます。

 

ポイントは、ただ単に褒めるのではなく、
やはり事実を捉えて、具体的に褒めること。

 

とりあえず適当に褒めている、
などと思われないようにしたいものです。

 

 

・「YOUメッセージ」
・「Iメッセージ」
・「WEメッセージ」などがあります。

 

●YOUメッセージ

「あなたはすばらしい」、「あなたはよく頑張った」、
などのようにメッセージの主体が「あなた」となるメッセージのことです。
これは、あまり適当に使うと、逆に不信感になる場合もあります。

 

●Iメッセージ

メッセージの後ろに「私はとてもうれしい」、「私は鼻が高い」、
などがつき、メッセージの主体が「私」となるメッセージのことです。

これは相手が否定できないものです。

 

●WEメッセージ

「仲間もみんなもよろこんでいた」
「社長や幹部も名誉だと言っていた」

などのようにメッセージの主体が「組織」となるメッセージのことです。
より承認感が増していきます。

 

「前期できなかったこの項目が成長したね!A君、素晴らしいよ。
私もすごく誇らしいし、他部署の部長や社長もすごく褒めていたよ。」

 

・・・いかがでしょうか。
頑張った甲斐があったと、モチベーションが高まりそうではないでしょうか。

 

「前期できなかったこの項目が成長したね!A君、素晴らしいよ(YOUメッセージ)。
私もすごく誇らしいし(Iメッセージ)、他部署の部長や社長もすごく褒めていたよ(WEメッセージ)。」

 

となっています。

 

これらのコーチングスキルは、あくまでテクニック部分。
本質は目的を押さえて、しっかりと部下と向き合うことではあります。

 

ただ、ちょっとしたコツを知っているだけで、
相手からの言葉を引き出し、モチベーションを高める面談ができますので、
ぜひ実践してみましょう。

 

 

 

本日の日課 52点(ちょっと大げさなぐらいがよかったりします)

(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-A4一枚評価制度