A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

なぜA4一枚なのか。

本日も、早速本題です。

 

★なぜA4一枚なのか。

 

・・・「A4一枚〇〇」という言葉は、
結構前から、色々なものがあって受け入れやすい、
というのも本音ではありますが、
ちゃんと理由もあるのです。

 

一言でいうと、
「アクセスのしやすさ」
からなのです。

 

人事評価制度は、
この制度があるおかげで、
人材育成と成果の達成ができるようになる、マネジメントツールです。

 

そのためには、
評価の時だけ、評価シートの内容が分かればいい、ではダメで、
期初から期末までの期中にも内容が分かり、
どれだけ、その内容のコミュニケーションが取れるか、
ということが大事なのです。

 

 

被評価者である本人は、
今期、自分が達成すべき成果は何か、
それがいまどれくらいの状況か。

 

自分の能力や姿勢、行動での課題は何か、
それらを解消するために、どんな練習をしたり、
勉強したり、教育を受ければいいのか。

 

評価者である上司は、
部下が達成すべき成果は何か、
それがいまどれくらい取り組んでいるのか、進んでいるのか、

 

部下の伸ばすべき能力は何か、
望ましい振る舞い、態度は何か、
どのように育成すればよいのか。

 

緊急度が低く、目の前の仕事に追われる中、
これらの、放っておいたら後回しになってしまうことを、
「人事評価」の「評価シート」を使って、
お互いにコミュニケーションをとることで、
実現できていくわけです。

 

にもかかわらず、
「評価シートは個人情報なので、鍵付きの書庫にしまっています」
「PCを開いて、IDとパスワード入れてみるようにしています」
としていては、結局、期中に何も見ないままになってしまいます。

 

評価を実施する時期になって、
「私の評価項目なんだっけ?目標はどうやって結果を書こうかな」
とやる被評価者、
「部下のどこを評価するんだっけ?成果は何を見ればよかったのか?」
などということが起こってしまうのです。

 

以前にお伝えした「行動コスト(目的の行動までにどれくらい手間がかかるか)」でも分かる通り、
この期中のコミュ二ケーションができるかどうかが、
大きく変わってくるのです。

 

現状、A4一枚で評価シートを作り、
よくある紙ファイルに綴じておき、
デスクがある社員は、自分のデスクに。

 

仕事柄、デスクがない人は、
いつもカバンの中に入れておく。

 

上司は、そのコピーを持って、
やはり同じように、デスクか持ち歩くかで、
いつでも見られるようにしておく。

 

そして、お互いに、
「今期の目標までどれくらい?進捗は?」
「こことここはだいぶ良くなった、ここはまだまだだな」
というような、やり取りをするのです。

 

その際に、
すぐに同じA4一枚のシートをだして、
お互いに確認できるようにする。

 

これが何より、
使えるツールとして大事なのですね。

 

この運用の仕方が、
実際に、いま一番うまく行っている手ごたえがあります。

 

出来るだけ運用しやすいように。
そのためのシンプルな形が、
現状はA4一枚でファイリングがおススメなのです。

 

本日の日課 60点(長いし、写真はA4一枚ではないじゃん)

(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-A4一枚評価制度