A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

業績向上のための3ステップ。

2018/05/12

本日も早速本題です。

 

★業績向上のための3ステップ。

 

A4一枚評価制度は、
企業の業績を上げるということを一つの目的にしています。

 

業績を上げる、というのも、
すこし大まかな言い方です。

 

業績の中には、売り上げ増もあれば、
顧客増もあり、利益増もあります。

 

もしかしたら、経費削減というのもあるかも知れませんし、
顧客満足度の上昇、知名度の向上、新規商品の開発、新事業への展開、等々、
その企業が目標とする業績があるかと思います。

 

そして、これは中長期のものから短期のものまであります。

 

まずは、この会社の「業績」というものを具体的に示しましょう。
あなたの会社は何を目指すのか。

 

 

サッカーで例えるのなら、

 

・ワールドカップ予選を通過するため3勝をあげる

です。

 

このように達成できたかできなかったかが客観的にわかる「成果」を設定します。
そして、これは会社が決めます。

 

社長が決めるといってもよいでしょうか。

 

このような目標は事業計画において作成されているケースが多いかと思われますが、
再度その確認と、本来目指したいものなどをしっかり経営者が考え、
それを指し示す必要があります。

 

そのように明確に会社が「成果」を決めたら、
次にその成果を成し遂げるために社員にやってほしい「行動」を決め、
実際にやってもらいます。

 

サッカーのFWには、点を取るように行動してもらい、
DFにはしっかり守ってもらうように行動してもらうのです。

 

そして、その「行動」ができる人は評価します。

 

できない人は?

 

「おまえダメだ」

 

で、終わるのではなく、
その行動ができるように育成します。
練習させます。身に付けさせます。

 

この3ステップで、
業績を上げることができます。

 

1.会社が成果とするものを明確に示す。(成果目標)
    ↓
2.そのためにやってほしいことを明確に示す。(行動目標)
    ↓
3.その行動ができる人は「いいね!」。できない人は「残念。次回はできるようになろう」

 

これが業績向上の3ステップです。

 

「そんな簡単なものじゃないよ」
と言われるかもしれません。

 

しかし、このシンプルな3ステップを、
結局やれていない会社はとても多いのです。

 

まず、1.の明確に会社が目標とする成果を示せていない。
社長の頭の中にはあっても、社員にまで伝わっていないのです。

 

そして、1.が示せていないので、当然2.も明確に示せていない。

 

さらに、3.はもっとやっていない。

 

やった人に対しての「いいね!」もあまりやっていなければ、
できなかった人に対しての、教育、研修などはほとんどやっていない。

 

ちょっと厳しい言い方をさせていただきますが、
社員が動かない、動かないと不満を言っている会社ほど、
この3ステップの1.も2.も3.も結局やっていないのです。

 

A4一枚評価制度を回すというシステムのなかで、
この3ステップを実現していくことができるのです。

 

 

本日の日課 56点(一言でいえば、学習)

(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-A4一枚評価制度