A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

業績向上の3ステップ、その3。それができれば評価する。できなければ?

2018/05/18

今日は大阪にて、名南経営様主催で、
ABAマネジメントセミナーの講師を務めさせていただきました。

 

 

最近、終了後にアンケートをお願いしていて、
今日もたくさんいただきましたが、

 

 

 

 

恐くて見てません。

 

 

 

ちゃんと見ます。

 

 

さて、本題です。

 

本日は「業績向上のための3ステップ」のうち最後の3ステップ。
「評価する」をお伝えします。

 

★3ステップその3。それができれば評価する。できなければ?

業績を上げるための3ステップとは、
次のようなものでした。

 

1.会社が成果とするものを明確に示す。(成果目標)

2.そのためにやってほしいことを明確に示す。(行動目標)

3.その行動ができる人は「いいね!」。できない人は「残念。次回はできるようになろう」

 

さあ、業績向上のための3ステップ、最後が評価です。

 

3 その行動ができる人は「いいね!」
  できない人は・・・・「残念。次はできるようになろう!」

 

大事なのは、2点。
望ましい行動ができたひとには、
できるだけ早めのフィードバックをして、
その望ましい行動を繰り返してもらうようにしましょう。

 

選手が点を取りに行く行動をしてシュートを打ったなら、
「いいぞ!その調子!」
というように。
逆に望ましい行動ができない人、
しない人には、ちゃんとできるように課題を伝えましょう。

 

できるのにやらなかっただけか、
やりたかったけれど能力が足りなくてやれなかったのかも、
明らかにする必要があります。

 

選手が点を取りに行かずに、シュートを打つタイミングで、
後ろにパスを回してしまうようであれば、
「シュートを打て!」と指示をし、
シュートを打つ能力が不足していたために、発揮できていないようであれば、
その練習をさせて、発揮できるようにするのです。

 

 

そして、貴方のチームは代表チームのように、
豊富に人材がいるわけではない、小さなローカルのチームです。

 

いま在籍の戦力で、
掲げる目標に向かって戦っていかなくてはいけないわけです。

 

指示を聞かないから、
能力が足りないからって次の交代選手がいるわけではないのです。

 

今いる戦力を少しでも強くし、
やってほしいことをどれだけ皆にやってもらい、
全体を引き上げていくことが必要で、
それを着実にやっていくことで業績向上につながるのです。

 

本日の日課 60点(答え合わせ占い、二日連続最下位だー)

(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-A4一枚評価制度