A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

評価結果は数字?アルファベット?

「アイデム人と仕事研究所」様に、人事評価の記事を連載しています。

 

第二回目の記事がアップされましたので、
よかったら読んでね。

 

「人事評価がうまくいかない理由」

https://apj.aidem.co.jp/column/930/

(画像もアイデム様より)

※ホントは2週間以上前に公開されていたのはナイショです
さて、本題です。

 

★評価結果は数字?アルファベット?

 

人事評価で、成果をどれくらい達成したとか、
能力に関しては、どれくらい発揮したかとか。

 

それに対して、評価をして、結果を表すわけですが、
この表記、数字(3点とか、5点とか)にする場合と、
アルファベット(AとかBとか)にする場合があります。

 

どちらがおススメか。

 

 

私は、ズバリ、「アルファベット」をおススメしています。

 

なぜか。

 

それは、「調整しづらい」からなのです。

 

3点、5点、などの数字の場合、
それぞれの評価項目ごとに付けていくと、
最後の合計点がすぐに分かります。

 

これはこれで、集計などのメリットもありますが、
それよりも大きなデメリット。

 

「調整」が始まってしまいます。

 

例えば、100点満点の評価シートだった場合に、
一つひとつの項目に点数をつけていった際に、
合計が85点となったとします。

 

「うーん、ちょっと高すぎるかなあ」

 

となり、そこから何が始まるかというと、
個別の評価点の調整をし出します。

 

5点のところを、4点に。
4点のところを、3点に。

 

そして、合計が75点になって、

「よしよし、よかった」

なんてことを、してしまうのです。

 

逆もありますね。

 

合計点が30点になってしまった。

 

これは低すぎるなあ、やる気なくしたら困るなあ、
辞められたらまずいなあ、嫌われたくないなあ。

 

1点を2点にして、2点を3点にして。

 

「よし、45点になった」

 

どちらも大問題なのがお分かりになるでしょうか。

 

人事評価を何のためにやっているか、
の目的につながらなくなってしまうのです。

 

本来、頑張って評価項目にあるものに、
取り組み、成長したこと、成果を出したことに対しては、
存分に良い評価をして、動機づけにつなげたいのです。

 

逆に、出来ていないこと、達しなかったことに対しては、
課題を明確にして、それを本人の成長課題として、
次期への教育、育成へとつなげたいのです。

 

ところが、合計点がパッとわかり、
高すぎるから、低すぎるからと、
(自信がなくて)調整をしてしまうと、
どちらも全く意味がなくなってしまいます。

 

頑張ったのに、低い点が出てきて、
この会社で頑張ってもちゃんとみてくれていない、
と動機づけどころか、モチベーションダウンに。

 

出来ない課題点も、それなりの点がついて、
自分自身も周りも課題だとならないまま、
毎年過ぎていき、身に付かないまま、年齢だけ重ねてしまう。

 

「調整」

 

という、人事評価ではNGなことを、
引き起こしやすくなるのが、「数字」での評価なのです。

 

ちなみに、評価点は、奇数と偶数でも大きく効果は変わります。
それは、過去に書いていますので、ご参考にされてみてください。

 

評価段階は奇数?偶数?

 

また、アルファベットにて、
評価する際には、「A・B・C・D・E」でいいのか、
別の工夫が必要なのか。

これも、結構重要な点です。

 

長くなってしまったので、
次回、こちらはお伝えします。(多分)

 

 

 

本日の日課 56点(カタログまだかなあ)

(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-A4一枚評価制度