A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

コンピテンシーモデルを安易に使わない。

2018/08/20

ソフトクリームとあずきの組み合わせって、
最強だと思うんですよ。

 

いや、ホントに。
世の中に、これほど旨いものはないと思っています。

 

と、いうわけで、
今日は近くのサンマルクカフェでミニパフェを食べました。

 

 

ちなみに、この自論は、
妻には「ちょっと何言っているかわからない」らしく、
キャラメルバナナを頼んでしました。

 

 

さて、本題です。

 

★コンピテンシーモデルを安易に使わない。

 

評価項目を作る際に、
「よいコンピテンシーのサンプルなどありませんか?」
というようなことをよく聞かれます。

 

コンピテンシーとは、
「高い成果を出す人の行動特性」
と、一般的にいわれます。

 

元々の意味とは多少違う形で活用されているようですが、
人事評価制度でいわれるコンピテンシーとは、
やはりこのような「高い成果を出すための行動や能力」として使われています。

 

そして、それを評価項目として設定して、
評価シートに記載され、それに基づいて、
評価をしていくことが多いのではないでしょうか。

 

 

では、なぜこの「高い成果を出すため行動特性」を評価項目として、
作っていくことをしない方がよいのでしょうか。

 

それは、「一般的な評価項目ばかりになる」のと、
そのために「自社の成果に結びつかない」からです。

 

世の中には、たくさん「コンピテンシー例」なるものが存在します。

 

本でもネットでも、
これらは簡単に手に入ります。

 

業界別、職種別のコンピテンシーというようなものあり、
これは便利だ、ということで、ついつい飛びついてしまいがちです。

 

▼どこにでもあるような評価項目になる

 

私も、昔はよくこのようなコンピテンシーのモデルを提示して、
お客様に評価項目になるようなものを選んでもらったりしました。

 

提示すると、大体、「これ、いいね~!」というような話になり、
そこから、「こんな行動必要だよ、こんなことを発揮して欲しい」となっていきます。

 

その結果、出来上がった時点では、
非常に理想的な項目が並び、作成時点でのお客様の満足度も高くなります。

 

こんな感じです。

・コミュニケーション力
・チャレンジ精神
・リーダーシップ
・自律性
・素直な心

 

みんな必要だ、
と思ってきてしまいますね。

 

こうなると、
実際に運用していっての効果が問題となります。

 

なにせ、選んだ評価項目は、
世の中に求められる一般的な項目が多いのです。

 

その項目を目指して行動しても、
会社の求める人材像とはずれていってしまったり、
頑張って行動した成果が、
必ずしもその会社の業績向上にはつながらないケースが多くなってしまうのです。

 

特に中小企業であれば、
その会社の個性を強みにしているところも多いでしょう。

 

その個性こそ、会社が社員に求めるものであり、
それをどんどん発揮してもらいたいはずです。

 

もちろん、モデルから自社に合うものを、
と選んでいるはずですが、それでも、
出処が会社の求める人材からくるものなのか、
一般的に誰かが作ったものからなのか、
で、やはり変わってしまうものなのです。

 

▼コンピテンシーモデルは抽象的なものが多い

 

「モデル」として提供されているものなので、
当たり前といえば当たり前なのですが、
ほとんどが抽象的な表現になっています。
(行動特性といっているにもかかわらず、です)

 

・積極的にコミュニケーションを図る
・常にチャレンジ精神でいる
・率先して部下を引っ張っている
・自ら考え、実践している

 

これをそのまま項目にしてしまっては、
具体的に何をどうしたらよいのかがわからず、
上司・部下間での基準もあやふやな状態です。

 

飲み会に行くのがコミュニケーションと思っている上司、
社内の部署間でメールのやり取りができるのがコミュニケーションと思っている部下、
お互いに「行動」が違うなんてことはよくあるのです。

 

これを安易にそのまま使うと、
一見、きれいにまとまっているような評価項目ですが、
効果を発揮しないことが、多く出てしまうのです。

 

具体的行動が出ないまま、
なんとなくやっている、だけになるのですね。

 

では、どうすればいいのか。

ぜひ、自社オリジナルのコンピテンシーを作りましょう。
そして具体的な、自社の職場での行動を作り出しましょう。

次回、その内容をお伝えしたいと思います。(多分)

 

 

本日の日課 56点(なので、アイスまんじゅうはイチオシです。)

(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-A4一枚評価制度