A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

「研修」で一番大事なこと。

今日は、大手の住宅設備メーカー様主催で、
経営者の勉強会の講師を務めてきました。

 

勉強会で、等級制度・賃金制度を作ろうという企画、
結構難しい面もありました。

 

私としても、評価制度ではなく、
等級制度・賃金制度というものを、10名以上での勉強会というのは初の試み。

 

実は、かなり神経使って疲れました。
ヘロヘロです。

 

明日一日終われば・・・。

 

頑張って乗り切りましょう。

 

さて、本題です。

 

今回は、「研修」について。

企業が「研修」をする上で、
一番大事なことは何でしょうか。

 

★「研修」で一番大事なこと。

 

企業が研修をする上で、
一番大事なこと。

 

それは、

 

「実務に活かす」

 

ということです。

 

当たり前といえば当たり前ですが、
意外と忘れられている場合が多いのではないでしょうか。

 

研修の時間の満足度が高いかどうかは、
その場では、「よい研修だった」となりますが、
それだけでは、職場の環境は何も変わっていません。

 

人は職場に戻ったら、
その職場に適応するものです。

 

研修は非日常の場です。
その場での盛り上がりは、
アンケートなどの評価にはつながります。

 

 

しかし、その評価が日常の職場においての実務には、
つながらないというケースが出てきてしまうのです。

 

そして、それはとても多いのではないでしょうか。

 

「学び」は学んだだけでは何も変わりません。
研修は満足度を高めることが目的ではないはずです。

 

学びの場は与えて、
それを実務に活かすかどうかは自分次第、
としてしまっては、これももったいないこと。

 

目的は、実務に活かして組織のパフォーマンスを引き上げることであって、
自己責任を追及することではないのです。

 

では、研修を実務に活かすにはどうしたらよいのでしょうか。

 

これは、研修で学んだこと実践する機会、
内容を自分のものにしているかどうかを確認する機会、
自身でパフォーマンスフィードバックをしてもらう機会、

 

これらを企業側でしっかりとやっていくことが必要なのです。

 

そして、それらを定期的に実施して、
測定をしていくこと。

 

研修をやって、
この測定を続けていけば、
どのような研修が効果があるかどうかも分かってきます。

 

やみくもに、
流行り廃りに合わせていくこともなくなっていきます。

 

「いまはこんな研修がいいって聞いたよ」

 

というような理由で、
なんとなく研修をすることのないようにしていきましょう。

 

★研修の費用対効果。

 

企業研修にはコストがかかります。

 

それは、研修会社や研修講師に支払う費用だけではなく、
それなりのポジションを人材を拘束する人件費としてのコスト、
部署からその人たちがいなくなることによる、
現場での損失コスト。

 

そのコスト以上に、
その後の業務において効果を発揮させたいから、
研修をするのです。

 

現場の仕事に活かすことを目的にして、
研修を計画していきましょう。

 

その場の満足だけで終わり、
誰もが疑問に思わないまま、
ただやっているだけ、ということに陥らないように。

 

 

本日の日課 64点(もうひと踏ん張り!)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-A4一枚評価制度