A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

公表すると行動が変わる?【行動分析学で人を動かす】

 

箱根駅伝が結構好きで、
毎年楽しみにしています。

ただいま、選手は4区を激走中!

我が母校はかなり苦戦していますが、
苦戦しているときこそ、頑張っている選手を応援するのが、
真の応援者!
(一口馬主でさんざん味わっています)

みんな頑張れー!

さて、本題です。今日はABA(応用行動分析学)の方のテーマ。

 

公表すると行動が変わる?

 

2018年、新年の目標を5つ立てて、
昨日のメルマガやブログで公表いたしました。

 

ブログ ⇒ http://millreef.co.jp/blog/diary/post-1899/

メルマガ ⇒ http://millreef.co.jp/mail_a4/20180101/

 

 

今日はこの目標達成のポイントをABA(応用行動分析学)的に考えてみたいと思います。

 

公表した場合、しない場合を、ABC分析していくとよくわかります。

 

ちなみに、ABC分析とは、行動の前後を含めた一連の流れを分析することです。

 

Antecedent(先行条件)、Behavior(行動)、Consequence(結果)の頭文字を取って、そういいます。

 

まずは、ブログやメルマガなどでは公表せず、決心として心の中で決めた場合のABC分析です。

 

フェイスブックなどで、更新を見た人からいいね!が多少付きます。
で、宣言していると、一応応援してくれる人が増えているので、よりいいね!が付くようになります。

上向き矢印が大きくなりました!

 

また、更新できない場合のABC分析もしてみましょう。

このように、もともと私が毎日更新することを周りは知らないので、更新しなかったとしても、周りの人にその後会ったり話したりしても、別に恥ずかしくありません。

 

これを、ブログやメルマガで公表すると次のように変わります。

 

 

周りに宣言したことで、「あ、毎日やるっていたのに、あの人やらなかった」と、周りに思われるという結果が出現するのです。

すると恥ずかしい。

「恥ずかしい思い」をしないように行動するので、
嫌なことが出現するのを阻止するために行動するようになります。

 

専門用語で「阻止の随伴性(ずいはんせい)」と言ったりします。

 

このように、行動した後の結果が、周りが知っているかどうか、で大きく変わるのですね。

 

「周りが知っている」という事実がなければ、「周りが続かなかった」と知ることもありません。

 

「上司がいる」からこそ、「上司の褒めことばがある」「上司に怒られる」という事象が発生するので、「上司がいない」状態になると、結果自体が表れないわけです。

 

「上司がいない」という状態とは、行動の生起が大きく変わってくることになります。

 

で、回りくどくなりましたが、

 

このような、前後の環境を変えていくことで、行動の習慣化を図ろうという、ABAマネジメントだったりするのです。

 

さあ、どれだけ続けられるか、自分自身での実験でもあります。
見守っていただけると嬉しいです。

 

 

本日の日課 68点 (選手がんばれー!)

(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-ABA(応用行動分析学), ABAマネジメント, 仕事