A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

注目は好子かどうか。

2018/05/13

本日も、前説なしで、本題です!

 

★注目は好子かどうか。

 

「行動」の直後の結果、刺激や環境の変化などで、
その「行動」が、その後自発的に起きてくるかどうかが、
制御されている、というのがABA(応用行動分析学)の基本的な考え方です。

 

その「行動」の直後に現れる「何か良い刺激、事象などの結果」を「好子」といい、
逆に「何か悪い刺激、事象などの結果」を「嫌子」といいます。

 

さて、ここで問題。

 

人の「注目」というのは、
「好子」でしょうか、「嫌子」でしょうか?

 

何かよいものなのでしょうか、
それとも何か悪いものでしょうか。

 

 

例えば、赤ちゃんが泣くこと。

 

赤ちゃんが泣く(行動)と、
親が注目します(結果)。

 

これは、きっと赤ちゃんにとっては、
「何か良い結果」です。

 

そして、赤ちゃんはまた泣くという行動を、
自発的にするようになります。

 

では、また別の例。

 

授業中に生徒がスマホをいじる(行動)と、
先生が注目します(結果)。

 

この場合、生徒は今後、授業中にスマホをいじるという行動は、
自発的にやらなくなります。

 

この場合、先生の注目は「何か悪い結果」であり、
「嫌子」となります。

 

このように、「人の注目」は、
絶対的に「好子」というわけではなく、
場合によっては、「嫌子」ともなり得るわけです。

 

この二つの例は、シチュエーションが全く違うから、
ということもあります。

 

では、同じシチュエーションで、
人が違う場合でも考えてみましょう。

 

忘年会の際に、
「それでは、一人ずつ一発芸をしてください」
という、ありがちなシチュエーションを想像してください。

 

Aさんは、皆の前に出てモノマネをしました(行動)。
すると周りが皆Aさんを見て笑いました(注目)。

 

今度はBさんです。
Bさんも、皆の前に出てモノマネをしました(行動)。
すると周りがBさんを見て笑いました(注目)。

 

さあ、この場合の「皆が笑う」という注目は、
「好子」でしょうか、「嫌子」でしょうか。

 

・・・これだけでは、分からないですね。

 

Aさんは、その後、宴会の際には、
いつもそのモノマネをするようになりました。

 

一方、Bさんは、二度と人前でモノマネをすることはしなくなりました。

 

Aさんには「皆が笑う」という注目は、好子だったのであり、
Bさんには嫌子だったのです。

 

このように、
ある刺激や結果が、
絶対的に好子である、嫌子である、
というように決まっているのではありません。

 

その後の行動がどうなるかで、
はじめて分かるものなのです。

 

皆が好子だと思っている「褒める」ということも、
もしかしたら、人によっては嫌子になり得ることも・・・

 

あるかもしれないのです。

 

 

本日の日課 60点(ちなみに私は注目されるのは大嫌いです)

(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-ABA(応用行動分析学), ABAマネジメント