A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

マネジメントの悩みは、ほぼ「人」のこと。

2018/06/15

今日は、ABAマネジメントに関する講演で仙台へ!

 

 

・・・特においしいものも食べずに、
東京のセミナーと同じように、会場出てすぐに、新幹線。
そのまま普通に帰宅。

 

つまらない人間だって、
よく言われます。(言われないけど)

 

まあ、いいのです。

 

 

さて、本題です。

 

「マネジメント」ということに関する悩み、
よく聞かれますが、その対象はほぼ「人」に関すること。

 

それはなぜなのでしょうか。

 

★マネジメントの悩みは、ほぼ「人」のこと。

 

 

マネジメントの中でも、特に「人の育成に関するマネジメント」が、
管理職にとって関心が高いところであり、大きな悩みの一つではないでしょうか。

 

ある機関が、民間企業の管理職の方を対象に、
「あなたがマネージャーとして悩んでいることは?」
という調査を実施しました。

 

すると、その中でTOPに上がったのは、やはり「人を育てること」であり、
71.1%もの管理職の方が、悩みとして回答していました。

 

 

私が企業の現場に行くときの実感でも、
この調査結果とほぼ同様です。

 

成果を出すこと、数字を上げることも、
マネージャーとしての役割ではあるはずなのですが、
それよりも「人の育成」に関する悩みのほうが、実際に多いと感じます。

 

成果や数字に関するマネジメントに関する悩みと、
この「人の育成」に関する悩みは少し質が違うように思われます。

 

と、いうのは、成果や数字に関する悩みは、
計画通りに成果を出せない、予算通りの数字に達成できない、
というようなもの。

 

一方で、「人の育成」に関しては、
「どうしたらいいか分からない」といようなものなのです。

 

これは、日本の企業の組織においては、
多くがプレイヤーとして実績を出し、出世していき、
管理職になっている方がほとんど、
というところに大きな理由の一つがあります。

 

成果の出し方や数字の上げ方などは、
自分でのやり方やノウハウなどはわかっているのです。
わかっているけれども、達成が難しくて悩んでいる。

 

しかし、人を育てるということに関しては、
実績もあまりなく、そのやり方自体がわからない、
という性質の悩みなのです。

 

どのように育成していったらいいのか、知識もわからず、教えてももらえず、
自分のプレイヤーとしての経験と知識の中で、
「自分だったらこうだよな」という「感覚」で育成をする。

 

しかし、自分の思うようには動いてくれない、育ってくれない。
自分と同じようには成果が出せない。

 

このような悩みを抱えているケース、
非常に多いのではないでしょうか。

 

ABAマネジメントは、まさしく人に関するマネジメント。
悩みのを抱える管理職の方の、何かしらヒントになれば幸いです。

 

 

本日の日課 60点(口内炎はやっと治りかけてきました。)

(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-ABA(応用行動分析学), ABAマネジメント