A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

プロンプト(行動を引き出すヒント)を考えるワーク。

ゲート合格しました!

 

一度、天栄に放牧に出るらしいです。

以下、調教師の方のコメントです。

 

「育成の段階から動きがいいと聞いていましたが、確かにいいですね。」

 

( ̄▽ ̄) ニンマリ

 

え?

 

チラシの裏にでも書いてろって?

 

はい。

 

では、本題です。

 

★プロンプト(行動を引き出すヒント)を考えるワーク。

 

プロンプトとは、正しい行動や望ましい行動を、
引き出すために、行動の前に提示するヒントのようなものです。

 

プラモデルを正しく作るための「説明書」。
間違えずにホームにたどり着くための「案内板」。
ちょうどよいタイミングで、大繩の中にはいるための「せーの!」。

 

 

これらの「プロンプト」があるおかげで、
よいパフォーマンスが発揮できるのですね。

 

そして、「プロンプト」の特徴は、
慣れてくれば、なくてもできるようになるもの、
なのです。

 

仕事でも同じです。

 

まだ、提案書作りが慣れていない、
接客に慣れていない、
クレーム対応に慣れていない。

 

そのような社員にとって、
上司が「プロンプト」を提示することにより、
慣れていない社員でも、適切なパフォーマンスを発揮してくれるのです。

 

そして、慣れてくれば、
上司からの「プロンプト」がなくてもできるようになる。

 

ABAマネジメントの考え方での、
人材育成手法の一つです。

 

これをセミナーや研修ではワークで考えてもらいます。

 

-----------------------------------------------------------------------
課題:
配置移動で、初めてうちの部署に来た、部下Sさん。
備品の使い方、業者への連絡、書類の作成の仕方、何も手についていないようです。
最大限にパフォーマンスを発揮してもらうために、どのようなプロンプトが
考えられるでしょうか?
-----------------------------------------------------------------------

 

個人で3分ぐらい考えてもらい、
その後、グループワークで話し合ってもらいます。

 

出てくる解答は、下記のような感じです。

 

-----------------------------------------------------------------------
・言葉で指示をする
・目の前でやってみせる
・マニュアルや手順書をつくって、渡す
・ビデオを見せる
・完成書類をみせる
・備品に印を貼る
・手取り足取り
-----------------------------------------------------------------------

 

そして、実際の職場ではできているかどうか、
振り返ってもらいます。

 

その後、「プロンプト不足とプロンプト依存」の話もさせていただきます。

 

ブログで、この「プロンプト不足とプロンプト依存」を、
取り上げていますので、ぜひご参考にしてください。

プロンプト不足とプロンプト依存。

 

上司にとって、非常に重要なスキル「プロンプト」の、
考えをぜひマスターしましょう。

 

大変であっても、とても重要なのです。

 

 

本日の日課 60点(今から緊張しています。明日のVSポーランド。)

(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-ABA(応用行動分析学), ABAマネジメント