A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

対提示を考えるワーク。

2018/06/30

 

 

前回の「プロンプト」を考えるワークと同様、
ABAマネジメントのセミナーで、
よくやっているワークをご紹介です。

 

「プロンプトを考えるワーク」の記事はこちらから。

 

プロンプト(行動を引き出すヒント)を考えるワーク。

 

★対提示を考えるワーク。

 

「対提示」は「ついていじ」と読みます。
有名なところでは、パブロフの犬の例があげられます。

 

もともと、「ベルの音」というのは、
犬にとって好ましいものでも、
嫌なものでもない「中性」の刺激です。

 

 

しかし、毎回エサという生得性の好子と一緒に、
ベルの音が鳴ることで、ベルの音自体が好子としての
機能を持つようになるのです。

 

同様に、「上司」も最初は、
部下にとって「中性」の刺激なのです。

 

ところが、いつも「好子」と一緒に提示されれば、
上司自身が「好子」になり、
逆にいつも「嫌子」と一緒に提示されれば、
上司自身が「嫌子」にもなるのです。

 

こんなことを話して、
次のようなワークをやってもらいます。

 

---------------------------------------------------------------
配置移動で、初めてうちの部署に来た、部下Sさん。

あなた自体が、Sさんの好子になるか嫌子になるかは、
対提示次第です。

どのような「好子」を、あなたと対提示したら、
あなた自身が好子になれるでしょうか。
考えてみましょう。
--------------------------------------------------------------

 

 

個人で3分間ぐらい、
その後グループワークで話し合ってもらって、
簡単に発表です。

 

いろいろな答えが出ますが、
大体こんな感じです。

 

・承認、ほめことば、笑顔、拍手、美味しいもの・・・等々。
その人と一緒に、いつも好子が提示されると、
その人自身が「好子」となっていきます。

逆に、
・怒られる、ダメだしされる、ムッとした顔、馬鹿にされる、恥をかく・・等々。
その人と一緒に、いつも嫌子が提示されると、
その人自身が「嫌子」となっていくのです。

 

 

「嫌子」な上司だと、
上司自身を避けるようになり、
結果、仕事のパフォーマンスは落ちていきます。

 

人材育成の面でも悪影響ですね。

 

「好子」な上司だと、
一緒にいる機会も多くなり、
指導や指示、教育もしやすくなってきます。

 

好子である上司になっておきましょう。

本日の日課 60点(本家の抽選は大失敗。勉強になりました。)

(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-ABA(応用行動分析学), ABAマネジメント