A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

弁別刺激。上司がいるときだけ仕事する。

2018/07/09

泣いても笑ってもあと2日で7月10日!

 

いわゆる、社労士の人たちが忙しい(なぜか他人ごと)労働保険の年度更新と、
社会保険の算定基礎が終わります!(調査は知らん)

 

寝てても終わるといいのですが、
どうやらやらないと終わらない様ですので(期限が来るだけ)、
あとひと踏ん張り、頑張りましょう。

 

さて、本題です。

 

★弁別刺激。上司がいるときだけ仕事する。

 

ABA(応用行動分析学)に、
弁別刺激(Discriminative stimulus)という概念があります。

 

weblio辞書によると、

 

オペラント条件づけにおいて、
その刺激のもとで自発した反応に強化刺激が後続したことにより、
反応の自発頻度を増加ないし減少させる環境事象をいう。

 

うーん、短い文章なのにわからない。

 

簡単に言うと、A:先行条件に、
何かあるか、無いかで、行動が強化されるか弱化されるかが変わること、
その際の「何か」を弁別刺激というわけです。

 

個人的な解釈ですが、
弁別刺激があるかないかで、好子(もしくは嫌子)が出現するかどうかが決まる、
と考えるとわかりやすいと思っています。

 

例で見てみましょう。
わかりづらいときは、これに限ります。

 

職場に上司Aがいるときといないときがある。

いるときは、Bさんは仕事を一生懸命し、A上司に褒められている。
いないときは、どうせ褒められないので、仕事をさぼる。

 

いつもは、上のような感じです。
ここに、職場に上司Aが来たときは、
このように前後が変わります。

 

これで、上司Aが来た時には、
いないときには決して現れない、
「上司に褒められる」という好子が出現するわけですね。

 

この時の「上司A」が「弁別刺激」、というわけです。

 

うまく使えば、望ましい行動を強化するための、
きっかけとして、弁別刺激は作用します。

 

・・・しかし、下手に使うと、
その弁別刺激がある時しか、
行動しない、ということも起こり得ますね。。。

 

ABAをうまく使いましょう。

 

 

 

本日の日課 60点(さああと2日で算定も終わるぞ!(たぶん))

(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-ABA(応用行動分析学), ABAマネジメント