A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

良い結果と悪い結果の綱引き。

2018/07/11

と ・ り ・ あ ・ え ・ ず 。

 

年度更新と算定基礎、一通り完了しましたー!!

 

いやー、スタッフの皆、ありがとうございました。
段取り悪くて、最終日バタバタしましたが、無事になんとか間に合いました。

 

で、超気楽な気持ちのまま、
ねこねこ55の40分スペシャルを見ながらブログ更新です。
(日付またいでるじゃん)

 

さて、本題です。

 

★良い結果と悪い結果の綱引き。

 

電車に乗るとき、
ドアが閉まる直前に駆け込む人がいますよね。

 

車内アナウンスでは、
「危ないですので、おやめください」
ということも言われたり。

 

乗っている人から、
白い目で見られたりもします。

 

かくいう私も、やったことがあります。

 

アナウンスで注意されたり、
周りから白い目で見られるのは、
本人にとっては「嫌な結果」なはずです。

 

行動した直後に、結構な「嫌なこと」が起きています。

 

にもかかわらず、
また飛び乗ってしまう、という行動が起きます。

 

これは、どうしてなのでしょうか。

 

人が行動した後には、
何かしら、世の中に変化が起きます。

 

そしてそれは、一つだけではなく、
複数の結果が出現します。

 

・注意される
・白い目で見られる

 

という、嫌な結果があるにもかかわらず、
もっと圧倒的に本人にとって良いことが起きてしまうわけです。

 

・間に合う電車に乗れる

 

ABC分析するとこのような感じです。

このように、いくつかの結果が出てきた中で、
本人にとって良いことと、悪いことで綱引きをしているような感じで、
どちらが勝つか、ということで、
強化されるか弱化されるかが変わってくるのです。

 

さらには、その日が大事な試験の日で、
絶対に遅れたらいけない日だったら・・・。

嫌なことはあっても、
電車に乗れるという良いことのほうが、
圧倒的に綱引きで勝ってしまうのですね。

人の行動は、
このように分析すると、
どうして行動するのか、しないのか、
そんなことが分かるようになってくるのです。

 

「マナーが悪い」
「自分勝手」

 

電車への駆け込みは、このように、
周りからみられる行動だと思います。

もちろん、その通りではあるのですが、
それをその人の内面の問題にしても、
なかなか改善にはつながりづらいのです。

先ほどの例のように、行動分析をして、
A:先行条件や、C:結果を、
うまく変えたり、整えたりするほうが、
実際の行動変容を可能にしていきます。

ABA(応用行動分析学)の最も得意とするところなのです。

 

 

本日の日課 56点(とりあえず猫出しとけばOKの世の中、今日もね。)

(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-ABA(応用行動分析学), ABAマネジメント