A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

私たちはルールという疑似体験に支配されている。その2。

2018/08/13

娘が何やらインスタグラムにストーリーをあげていました。

 

 

 

井の頭線を2往復したらしい。

 

 

ぷぷっ。

 

いや、笑ってはいかん。疲れてたのでしょう。

 

勝手にブログに出して怒られるかな。

 

誰か起こしてくれる人がいればよかったけどね~。

 

 

さて、本題です。

 

★私たちはルールという疑似体験に支配されている。その2。

 

昨日のブログ、「私たちはルールという疑似体験に支配されている。」の続きです。

 

私たちはルールという疑似体験に支配されている。

 

▼「原理原則は実体験。言葉は疑似体験。」

 

さて、この言葉による行動のコントロール「ルール支配行動」は、
あくまで疑似体験。

本来は、実際に体験したことを学習することによって、
行動は繰り返されたりやらなくなったりします。

 

「火を触るとヤケドするよ」という言葉での疑似体験で、
ある程度は火を触るという行動は減らせますが、
実際に触ってヤケドした人との制御の強さは異なります。

 

行動が繰り返されるようになることを、
「強化」というのですが、実体験と違い、言葉での疑似体験は「強化モドキ」といいます。
ちょっとニセモノの強化?なのです。

 

 

 

制御の強さは状況や環境によって大きく異なってきます。
言葉はあくまで疑似体験止まりなのです。実体験にはかないません。

 

例えば、「毎日、夢をノートに記録していけば絶対叶うぞ!」というような言葉。

 

これが、いつも周りから尊敬され、実績も残している実業家に言われるのと、
入って3日でバイトを辞めたばかりの、年下の人に言われるのでは、
大きく実行するかしないかが変わってきます。

 

さらには、実際に自分で夢をノートに記録している人が、
何かしら夢が実現した!という実体験をしていれば、
もっとノートに記録するという行動は「強化」されるわけです。

 

「強化モドキ」ではなく、本当の「強化」です。

 

▼「言葉でまずはやってもらって、成功体験を積ませていく。」

 

このように、実体験はせずとも、
言葉によるルールでの行動のコントロールは実はたくさん起きています。

 

他人から言われる言葉だけではなく、
自分自身が「こうしたらこうなる」という考え(言語活動)により、
ルール化することでも行動は変わってきます。

 

ただし、それだけでは疑似体験止まり。

 

実際に体験して結果が出ることで、
さらに行動は強化されるようになってきます。

 

まずは、言葉によりやってもらうように促しましょう。

 

「会議で発言すると、社長は喜ぶよ」などのように。

 

その後、実際に発言した場合、
社長がその場で褒めてくれれば実体験になります。

 

この人は、きっと会議の場での発言という行動が強化され、
積極的に発言する人になっていくことでしょう。

 

人の成長はこの繰り返しです。

 

まずは言葉で促す。
ここで、その言葉を発する人の信頼度も重要になってきます。

 

そして、実際に行動したら、本当の体験で良い結果を積ませてあげる。
いわゆる本当の成功体験です。

 

そして、その成功体験を積んでいくうちに、
積極的に行動する人へとなっていくのです。

 

人材育成の仕組みのデザインですね。

 

ぜひ、取り組んでみてください。

 

 

本日の日課 60点(モドキって古い言い方でしょうか。)

(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-ABA(応用行動分析学), ABAマネジメント