A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

「心をすっ飛ばす」。

そう、キングクリムゾ・・・

 

 

さて、本題です。

 

★「心をすっ飛ばす。」

 

 

ABA(応用行動分析学)が、
なかなか一般的に伝わりにくい理由として、
「心の中を見ない」という点があると思っています。

 

 

例えば、「あいさつをする」という行動。

 

小さい子で、
このあいさつが習慣化することを分析すると、
ABA(応用行動分析学)的には、下記のようになります。

 

A:先行条件
「前に隣のおじさんがいる」

    ↓

B:行動
「『おはようございます』とあいさつする」

    ↓

C:結果
「『おはよう!偉いね!』と言われる」

 

この小さい子は、またおじさんに会う時に、
あいさつを自分からするようになりました。

 

「あいさつの習慣化」です。

 

これを、行動分析すると、
「好子出現による強化」となります。

 

あいさつという行動をしたら、
良い結果が出現したことで、
そのときの「あいさつ」という行動を繰り返すようになるのです。

 

ここで、よくある質問。
と、いうか、ご意見。

 

「あいさつを返してもらって、嬉しかったから、またあいさつするようになる、ということですね。」

 

いえいえいえいえいえいえ。

そこが違うのです。

 

いや、違わないかもしれませんが、
違うのです。

 

ABAでは、「嬉しかったから」という、
心の中は見ないのです。

 

ここをすっ飛ばすのです。

 

そう、まるでキングクリムゾ・・・。

 

すごく嬉しかったのかもしれませんし、
そんなでもなかったかもしれませんが、
それはどちらでもいいのです。見ないのです。

 

「あいさつを返された、偉いねといわれた」という事実があり、
その後、「自分からあいさつするようになった」という事実だけでいいのです。

 

ABA(応用行動分析学)は、
良い意味でも悪い意味でも、
行動に特化した科学です。

 

そこに、「喜んでもらおう」「嬉しい気持ちにさせよう」、
そして行動してもらおう、とは考えないのです。

 

もし、何かしらの褒め言葉を与えたとしても、
行動が増えなかったら、
「喜ばなかったからだ」とか「嬉しくないのか」などとも考えません。

 

感情は、もちろんあるのでしょうが、
これを考え出すと、
うまく行動してくれるときは「嬉しいから」となり、
行動してくれなければ「嬉しくないから」と、
いくらでも結果論で、片付けられてしまうのです。

 

そして、ABA(応用行動分析学)は、
行動を変えることを目的にしています。

 

「喜ばせること」
「嬉しく思わせること」

 

を目的にはしていません。

 

なにかしら、
結果に好子を用意することで、
「好子出現による強化」を使って、
行動を変容させる介入を取ることがあります。

 

ここで、褒め言葉より抱きしめたほうが喜ぶだろう、とか、
100円より1000円の方が嬉しいだろう、とか考え出すとうまくいきません。

 

やりたいことは、行動を変えること。

 

例え小さい価値の好子や、
たいしたことのない反応であっても、
それで行動が変わるのであれば、それが正解なのです。

 

大事なのは、決めつけずに、
ちゃんと行動が変わっていくかどうかを観察すること。

 

そのためにも、測定や記録は大事になってくるのです。

 

★おまけ

 

今回の話は、あくまで機能としての行動分析を使う考え方です。

 

決して、心の中を否定しているわけではありません。

 

それを原因にするのではなく、
環境の変化(結果の変化)が、
その後の行動との関係性がある、と考え、
それを行動変容に使っていくといいよ、ということなのです。

 

その結果、問題行動は減り、
望ましい行動が増えるのであれば、
ABA(応用行動分析学)は、ツールとしてとても有効なのではないでしょうか。

 

本日の日課 60点(次回はムーディー・ブルースッ!!!)
(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-ABA(応用行動分析学), ABAマネジメント