A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

「報連相(ホウレンソウ)研修」を始めました。

2018/05/14

「直線、最後まで夢を見させてもらえました」

これ、本当に実感。
一口馬主をやっていて、この瞬間を体験できる幸せ、なんです。

私にとって、トウカイテイオーの有馬記念以来の感動でした。

残念ながら、わずかの差で3着に負けてしまいましたが、
直線、最後まで夢を見させてもらえました。

さて、本題です。

 

「報連相(ホウレンソウ)研修」を始めました。

 

あ、ほら、時期的に。

〇〇始めましたってヤツです。

 

今回、新たにインプットする機会がありました。
独立からお世話になっている先生がやっている「藤咲塾」というところで、
半日間、ホウレンソウに関する研修カリキュラムを受けて来たのでした。

 

ちなみに、研修の案内で出てくる、
「報連相(ホウレンソウ)は会社の血液である―――」
という言葉も、この「藤咲塾」に一緒に参加しているメンバーが作った言葉です。
早速パク 参考にさせていただきました。

 

いままで、ABAマネジメント研修で、
「職場の報連相をよくしよう」というワークをやってきましたが、
今回、自身が受講したことで、一つの研修カリキュラムとして確立できたかと思いますので、
早速、弊社の研修業務のラインナップとして、スタートすることにしたのです。

 

報連相(ホウレンソウ)研修

 

ちなみに、以前このブログで、
ABA的に「報連相(ホウレンソウ)」に関する話題を取り上げていて、
職場の「報連相(ホウレンソウ)」の重要さを書いたりしていました。

報連相(ほうれんそう)は、部下の仕事ではない。

 

今回の研修業務でも、
当社の「見える行動・測れる向上」をモットーに、
具体的に従業員の行動レベルが変わる、
職場の仕組みを構築するための、「報連相(ホウレンソウ)」研修を実施します。

 

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。
スタート特典?もあるかも?
しれません。

詳しい内容、お問い合わせ、お申込みは、下記弊社HPにて。

報連相(ホウレンソウ)研修

 

 

本日の日課 60点(来週はオークスに出走!)

(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-仕事