A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

正確さと遂行度とパフォーマンスの関係。

ただいまTVで「風の谷のナウシカ」を観ています。

 

だいぶ前だよねー、という話になり、
調べてみたら1984年だそうで。

 

12歳のころかー。

 

さて、もうすぐクライマックスですので、
ツイッターでつぶやく用意をしています。

 

 

 

 

 

「バルス!」

 

 

 

まだかなー。

 

 

さて、本題です。

 

 

★正確さと遂行度とパフォーマンスの関係。

 

 

A4一枚評価制度で、
評価項目を考えて作成する際に、
ワークをしながら、社員に考えてもらってつくることがあります。

 

この場合は、短期的な業績にかかわるようなものではなく、
どちらかというと中長期なもの、例えば理念やビジョンにつながるようなもの。
もしくは風土にかかわるようなものをお勧めしています。

 

なぜかというと、
実際に社員に項目を任せると、どうしても自分の好きなこと、得意なこと、
難易度の低いこと(評価されますのでね)になってしまいます。

 

悪意はなくとも、です。

 

googleとかappleの社員であれば、そうではないかもしれませんが。

 

現実的には、社員任せにすると、
そのような目標や評価項目になっていってしまうのです。
いたし方ありません。当然のこと。

 

なので、致命的にならないように、
中長期的なビジョンや、風土に関することを考えてもらい、
短期的な業績にかかわることは、経営陣が覚悟と責任をもって作ってもらうようにしています。

 

もちろん、中長期的なものや風土に関することも、
同様の傾向は出てきます。

 

自分のやりたいこと、得意なこと、評価されやすいことがでてきてしまうのです。

 

でも、いいのです。

 

なぜか。

 

それは、そちらのほうが「効果」があるからなのです。

次の式を見てみてください。

 

 

 

 

致命的でなければ、
自分たちで考えたほうが、まずは「行動」してくれます。
「遂行度」が高くなるのですね。

 

多少は方向性が違っても、
多少は「もっと頑張ってほしいなあ」レベルでも、
まずはできる限り、「やらされ感」を払拭して、
取り組んでもらうことのほうが、効果につながっていくのです。

 

それから、時間をかけて、正確性を修正していったほうが、
実際の効果につながるのですね。

 

もちろん、これが会社の考える目標や項目と近くなってくれば、
文句なし。

 

強い会社になっていくでしょう。

 

 

本日の日課 64点(「ナウシカ」って変な名前だよね)

(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-A4一枚評価制度, 会社ルールブック