A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

評価制度で一番超えられない課題。

明日、19日は全国の社労士の方が固唾をのんで見守る日(使い方あってる?)ですね。

 

計画届どうなるのか。

 

その場合の5%ってどうなるのか。

 

今現在、ちょうど給与計算を行っている企業も多いので、
即時の判断と対応が求められますね。

 

それはそうと、今日も2件ほどオンラインで打ち合わせだったのですが、
自分の髪の毛のボサボサ感がお恥ずかしい限りで・・・。

 

ずっと切りに行っていないので、
大変な感じです。

 

明日こそ行こう!

 

さて、本題です。

 

 

評価制度で一番超えられない課題。

 

規模が大きかろうが、
小さかろうが、
一番超えられない大きな課題、
それはどこも共通して「あれ」です。

 

「A4一枚評価制度」という形で、
シンプルで運用重視のサービスを弊社も構築していますが、
それでも必ず突き当たる壁です。

 

さて、「あれ」とは何でしょうか。

 

シンキングタイムです。

 

「あれ」とは・・・。

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

「あれ」とは「That」です。

 

 

(しらける)

 

 

うそです。

 

 

(さらにしらける)

 

 

 

本当は・・・

 

・・・

 

・・・

 

「あれ」とは、「評価者」のこと。

 

 

とにかく、どの企業であっても、
この「評価者」が課題なのです。

 

評価者といっても、実際の誰が、ということではなく、
単語としての評価者、ということです。
(ちょっと何言っているかわからない)

 

評価の目的をどんなに大事にしていても、
「評価者」がそれを伝えられない。
伝えるにしても、評価者間でのばらつきが大きく、
それが不満要素となります。

 

評価者の価値基準によって、
同じ人を評価しても評価結果は変わってしまいます。

 

そうならないように、評価基準の作成の工夫や、
項目数を減らしてのシンプル化、
評価エラーを起こさないような研修をやってはいきます。

 

しかし、どんなにやっていったとしても、
どこまでも解消できない課題なのです。

 

そこにどれだけの労力と時間を費やしていくのか。

 

この「評価者」という課題を解消するためには、
いったいどうしたらいいのか。

 

それを考えに考えて、
ある一つの解にたどり着いたのです。

 

そもそも、なんのために人事評価制度を行うのか。

 

それが、人材育成と業績向上ならば・・・。

 

続きは次回以降、お伝えいたします。
(次回とは言っていない)

 

 

 

本日の日課 52点(文にまとめられるようになったら書きたいと思っています)
(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【A4一枚賃金制度】
 榎本あつし アニモ出版 2019-12-10
 ※賃金制度も含めた人事制度全般の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【A4一枚賃金制度】

 【働き方改革を実現する会社ルールブック】
 榎本あつし アニモ出版 2019-2-15
 ※組織改善・向上につながるツールの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【働き方改革を実現する会社ルールブック】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-A4一枚評価制度