A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

行動への影響は60秒ルール!

 

娘のセブンティーン。

IMG_9038

なんかモデルの人たち「ムスっ」としてる顔してるけど?って聞いたら、今はそれが良いんだって。

くちびるみんな赤いしって言ったら、それが良いんだって。

流行ですね~。

 

さて、本題です。

知っておくと便利で面白い「行動」のお話をします。拙著「A4一枚評価制度」の80ページより抜粋です。


 

「60秒ルール」というものがあります。

これは、行動の直後に起こる結果が60秒以内でないと、その直前の行動に影響を与えなくなるというものです。

 

N825_ohirunojikan_TP_V

 

数多くの実験から明らかになっている原理原則なのですが、これだけではちょっと分かりづらいですね。

犬のお手を例にしてみましょう。
犬に「お手!」と言って、犬が人間の手に手を乗せます。

この時に、間髪入れずに「いい子だ!」という声掛けとか、ご褒美のエサをあげる、というように行動した直後、すぐに結果が出た場合は、犬はこの行動が良いことだと学習して、また「お手!」と声をかけた時にお手をするようになります。

しかし、もしもお手をした直後は何も反応せず、その翌日に「昨日のお手はよかったね!」と声を掛けたり、翌日にご褒美のエサが出てきたとしても、犬はいったい何のことかがわからずに、「お手」という行動には、声掛けやご褒美は何の影響も与えることができないのです。

翌日にご褒美を出しても、犬のお手という行動は増えていかないのですね。

あまりにも当たり前のことで、なかなか気づかないのですが、日常にもこのようなことはたくさん起こっています。

目の前に初めて飲むジュースがあった。
飲んでみたらすごく美味しかった。(行動の直後に結果がでる)
この場合は、同じジュースがまた目の前にあったら、「飲む」という行動は増えていくわけです。

でも、飲んだ時に何の味もせず、その後にも色々なものを飲んだ後で、後から美味しい味が出てきた場合(本当はありえませんが)に、先ほどのジュースをまた飲むという行動には影響が与えられないのです。

逆の場合もそうです。
日常生活で色々なものを触る中で、たまたま熱されていた鉄のどこかを触ってしまったとします。
その直後に熱さと痛さがすぐに来て、やけどしてしまったら、その場所を触ることはしなくなります。近づくのも怖くなりそうですね。

「触る」という行動は、触った直後の結果がどうかということで制御されているのです。

しかし、結果が遅れて来て、次の日になって手がやけどしていたとしても、その場所に近づくことをしなくなるとはならないのです。

このように、研究や実験から、行動の直後の刺激や結果が現れるのは、60秒以内でないと影響を与えられないとされています。

「学習できる」というと少し分かりやすいかもしれませんね。


 

明日は大阪で講師務めます!

お会いできる方、宜しくお願いします!

 

★A4一枚評価制度セミナー
★行動分析学で組織を変えるセミナー
★夢をかなえる「行動アシスト手帳」の作り方講座
★A4一枚評価制度 作成実践講座

開催中です!

本日の日課 68点 (もう今日だ)

(日課とは、私のオリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【A4一枚賃金制度】
 榎本あつし アニモ出版 2019-12-10
 ※賃金制度も含めた人事制度全般の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【A4一枚賃金制度】

 【働き方改革を実現する会社ルールブック】
 榎本あつし アニモ出版 2019-2-15
 ※組織改善・向上につながるツールの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【働き方改革を実現する会社ルールブック】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-A4一枚評価制度, ABA(応用行動分析学)