A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

継続が中断してしまう現象の名前。

2019/04/22

今日はお客様と打ち合わせだったのですが、
なんと打ち合わせ中に、アイスの差し入れ。

 

社長のお母様から。

 

 

もしや、私のインスタを見ているのか!?

 

 

と、ちょっとだけ思いましたが、
ただの偶然だったようです。

 

でも、打ち合わせ中のアイスクリームの差し入れは初めてだったので、
ちょっとびっくりしました。

 

頭を使って疲れているところだったので、
ちょうどよい当分補給となりました。

 

ありがとうございました。m(_ _)m

 

さて、本題です。

 

 

継続が中断してしまう現象の名前。

 

 

物事が継続しているときにはいいのですが、
一度何かしらの理由で中断すると、その後の継続が困難になることがあります。

 

例えば、

 

毎日ランニングをしていたのに、
雪が降ったために、一日走らなかったら、その後やらなくなってしまった。

 

毎日、日記をつけていたのに、
出張でつけない日があったら、
その後つけなくなってしまった。

 

このような現象です。

 

 

私も、昨年までは毎日ブログとメルマガを書いていたのに、
今年は週に2回ぐらいにしようとして、書かない日が数日出るようになったら、
まったく書かなくなってしまいました。

 

このように、継続していること、習慣化していることが、
何かしらの拍子に途絶えると、その後の継続が困難になること。

 

これに名前を付けたいのです。

 

ほら、いろいろな現象に名前ってあるじゃあないですか。

 

ゲシュタルト崩壊とか、クロノスタシスとか、シミュラクラ現象とか、ファントム・バイブレーション・シンドロームとか。
(調べた)

 

うーん、

 

「習慣化のなんとか」とか「継続のなんとか」みたいな感じで。

 

行動にかかわることなので、
法人の仲間とこんな話になり、
その際には、「元の木阿弥」のことだよね、
となったのです。

 

まあ、意味は確かにそうなのですが、
現象のネーミングとして、使えるようになりたいのです。

 

「あ、それ、継続の〇〇だよね!」

 

というような感じで。

 

継続のストッパー?習慣化のブレーキ?

 

中断を英語で調べると、
サスペンド、ストップ、インタラプションなどなど。

 

うーん。

 

良いネーミングがありましたら、ぜひー。

 

-----------------------------------

自転車を漕いで、進んでいるときはよいのですが、
一度止まると、また漕ぎ出すのにはパワーが必要となります。

行動の継続、習慣化のポイントは、
この「継続の〇〇」をいかに避けるか、
という仕組みを作れるかが大事なのです。

-----------------------------------

こんな感じで使いたいのです。

 

 

本日の日課 56点(継続は技術です。)

(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-ABA(応用行動分析学), ABAマネジメント