A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

東京プロゼミ23期様で講師を務めました。

2020/02/09

私ぐらいに「ぼっちスキル」が高まると、
たとえ講師の立場であろうと、集団に入ることができず、
ひとりになります。

 

 

お昼食べに移動ですが、
うまく入れず、後ろついていってます。

 

寂しくないよ、迷惑かけないからいいのだよ。(涙)

 

さて、本題です。

 

東京プロゼミ23期様で講師を務めました。

 

と、いうわけで、今回お声をかけていただき、
有名な「プロゼミ」の講師の一人として話す機会をいただきました!

 

「プロゼミ」とは、開業したてや、これから開業しようという方たちの勉強の場で、
先駆者の先生方が、それぞれのノウハウなどを講義したりしています。

 

こんな感じ。

「プロゼミ 実践社労士塾」

 

今回、私は「ブランディング」というテーマで、
3時間ほどお話をさせていただきました。
(似つかわしいかどうかはともかく、依頼を受けたらやる)

 

で、自分がやっている仕事の話や、
どのように周りへの認知度を上げてきたか、
ターニングポイントとなったのはどんなことか、
など話させていただきました。

 

どこまでご参考になるかどうか、ではありますが、
社会人になってから今現在に至るまで、どのような人生を送ってきたかも、
お話しさせていただきました。

 

そのときの写真がこれ。
(吉岡さん、写真ありがとうございます)

 

 

実はこの写真、様々なお客様も見る可能性のあるこのブログで、
ちょっとゾッとするものが映っております。

 

 

お分かりいただけただろうか。

 

 

実績や経歴が、
依頼を受けるための大きな要素になる業種です。

 

名の知れた有名な企業出ていませんし、
学校もハーバードでもスタンフォードでもありません。

 

26年前ですので、
当時はフリーターなどという言葉もなく、
ただの「未就職者」です。

 

今はまだしも、最初のころはお客様から選んでもらう際に、

 

「どの企業でどのくらいやっていたのか」

ということは、よく確認され、
そのたびに恥ずかしい思いと、会ってもらえず機会に至らない、
とうことを何回か経験しました。

 

悔しいとともに、
そこで判断されるのなら、仕方ないという開き直りもありました。

 

人に言える経歴を持っている人は、もちろん武器になります。

 

でもそうではなく、このスタートでも、まあなんとかやっていけるということで、
同じような仲間の方に、勇気をもってもらえれば、多少はお役に立てたのかな、
と勝手に納得しています。

 

本日の日課 60点(強く生きていこう)
(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【A4一枚賃金制度】
 榎本あつし アニモ出版 2019-12-10
 ※賃金制度も含めた人事制度全般の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【A4一枚賃金制度】

 【働き方改革を実現する会社ルールブック】
 榎本あつし アニモ出版 2019-2-15
 ※組織改善・向上につながるツールの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【働き方改革を実現する会社ルールブック】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-仕事