A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

人事制度で「運用がうまくいく」とは。

2020/05/24

夜中に娘が、

 

「たこ焼き食べる―」

 

と言い出したのです。

 

で、自分で冷凍のたこ焼きを電子レンジで温めてくる、ということだったので、
じゃあ、父は2個おねがい!
と伝えて待っていたのですが・・・。

 

 

チン!

 

として出来上がったのが・・・。

 

 

 

 

 

節子、それたこ焼きやない、

 

 

肉団子や!

 

 

 

 

 

いや、本人も出来上がる直前に気づいたようで、
自分自身でかなりショックを受けていたようで・・・。

 

でも、面白かったので、
ブログのネタにしてしまいました。

 

すまんね。

 

業務用の冷凍で、
どちらもまとまって透明っぽい袋にたくさん入っていたようです。

 

さて、本題です。

 

人事制度で「運用がうまくいく」とは。

 

「人事制度は運用が大事」

 

とは、誰に聞いても「そうだ」と言われます。

 

「運用をうまくいかせたい」

 

とも、大抵の人が言われます。

 

では、質問。

 

「運用がうまくいっている」

 

というのは、具体的にはどのような状態のことをいうのでしょうか。

 

 

皆が負担感なく回すことができていることでしょうか。

 

期日に遅れることなく、スムーズに進められることでしょうか。

 

不平不満などが上がってこないで、滞りなく毎年継続できていることでしょうか。

 

 

いえ、そうではありません。

 

そうではない、というより、
それは「手段」がうまくいっているだけです。

 

 

「運用がうまくいっている」というのは、

 

「目的につながっている」ということです。

 

 

その人事制度の目的が「人材育成」であれば、
人材が成長していること。

 

「業績向上」が目的であれば、
業績が上がっていること。

 

負担感なく、期日に遅れず、皆から不平不満がほとんどない。
でも、人材は成長せず、業績も上がらない。

 

それは「運用がうまくいっていない」のです。

 

人材育成や業績向上への取り組みです。
そんな片手間で魔法のように楽にできるものではありません。

 

多少の負担感や、負荷はあります。

 

評価を実施するのですから、
上から下まで序列ができます。

 

そんな中で、低い評価を受ける人から不平不満がでるのはしかたありません。

 

どんなに素晴らしい制度で、適切に取り組んでいたとしても、
低い評価である人が「満足しています。良い制度です。」といってくれることは、
あまりないでしょう。

 

多少の不平不満が一部から出たとしても、
ちゃんとその会社にいる人たちは成長している、
そして業績につながっている。

 

そちらの方が運用がうまくいっているのです。

 

負担をなくす、不平不満が出ないようにする。

 

手段が目的化して、一見運用がうまくいっているように思えますが、
形骸化してしまっている人事制度に陥っているのです。

 

会社、組織の皆が、
しっかりと「目的」を見定めて、
運用をうまくいかせるようにいたしましょう。

 

 

 

本日の日課 56点(肉団子は明日のおやつだ!)
(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【A4一枚賃金制度】
 榎本あつし アニモ出版 2019-12-10
 ※賃金制度も含めた人事制度全般の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【A4一枚賃金制度】

 【働き方改革を実現する会社ルールブック】
 榎本あつし アニモ出版 2019-2-15
 ※組織改善・向上につながるツールの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【働き方改革を実現する会社ルールブック】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-A4一枚評価制度