A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

ABA(応用行動分析学)は批判されることも多い。

2018/03/26

月末、ちょっと旅行を計画しているのですが、
なぜか、その時の私の服装を妻と娘で決めています。

 

 

自分たちの服もイラストで描いて、おまけで描いたとのこと。
楽しいらしい。

 

 

まあ、自分ではいつも変わり映えしない服しか選ばないので、
決めていただけると助かります。

 

 

さて、本題です。

 

ABA(応用行動分析学)は批判されることも多い。

 

ABA(応用行動分析学)は、
実は批判されることが多い学問です。

 

 

行動を変容させることには、非常に強力に効果を発揮しますが、
そのやり方は、心の中は考えずに、前後の環境への介入という形を取ります。

 

そのためか、外から行動をコントロールしていて、
人の自由意思を尊重していない、という批判を受けるのです。

 

人の心、性格、気持ち、意識。

 

それらはとても尊いもので、
目に見えないからこそ、大事だといわれます。

 

ABAは、それらを否定する学問ではありません。

 

心を否定するのではなく、行動の原因が心にある、
という認識から、行動の原因は環境にある、ということを主張する学問なのです。

 

しかし、どちらが正しいとかは、あまり重要でないと思っています。

 

大事なのは、何が、その人をより良くさせるのか。

 

心の中を原因とするのは、とても楽で簡単なことです。

 

望ましい行動ができない人に対して、意識が低いからだ、といえば、
見えないがために、周りも本人も否定できず、それが原因だという結論になります。

 

そして、望ましい行動をしてもらうために、
意識を高めるような教育やしつけをします。

 

うまくいけば「意識が高まった」で、ダメなら「まだまだ意識が低い」。

 

結果論でしか語られず、うまくいかない人は、
周りから「もっと意識を高くしろ」と、いわれ続け、
自分自身に対しても攻め続けることになります。

 

「まわりの人VS個人」の図式です。

 

ABAの考え方では、行動は、環境との相互作用の中で制御されると考えます。

 

うまくいくのは、環境との相互作用がよい状態であり、
うまくいかないのは、それが良くない状況だから、となります。

 

原因は個人ではなく、環境にある。

 

そのように考えると、改善するためには、
個人を何とかしようという考えにはならず、
環境を何とかしようという考えになります。

 

「携わる人皆VS環境」の図式です。

 

携わる人が皆で、どうしたら望ましい行動が起きるようになるのか、
逆に、望ましくない行動が減らせるのか、それを考え、取り組むのです。

 

個人の内面を原因にし、それを追求していくよりも、
よほど建設的で、前向きに改善に取り組めるのではないでしょうか。

 

いままでのマネジメントのやり方ではうまくいかずに、悩まれている方に、
ABAマネジメントというアプローチもあることを知っていただけたら幸いです。

 

そして、ABAマネジメントを活用することにより、一人でも多く、
より望ましい行動ができる人が増えていけば、こんなに嬉しいことはありません。

 

本日の日課 52点(さあ、あと3日勝負です!)

(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-ABA(応用行動分析学)