A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

「3つの評価者スキル、その2。期中の観察のスキル。」

2018/02/02

えー。

まだ未定の部分は多いですが、
日本ABAマネジメント協会、「猫部(仮)」が立ち上がりそうです。

 

名づけて、

 

「Division of Cat」(うそ)

 

まだまだコンテンツは未定なことが多いですが、
具体的に進めるために、今日は「Happy Cat」の坂崎さんのところへ打ち合わせに行ってきました。

 

 

坂崎さんの著書「猫との暮らしが変わる遊びのレシピ」は猫ジャンルでのベストセラーになっています。

「Happy Cat」の坂崎さん

また形になってきたら、ちゃんと発表いたします!

 

さて、本題です。

 

「3つの評価者スキル、その2。期中の観察のスキル。」

 

今日のテーマは、以前にお伝えした「3つの評価者スキル」のうち、その2。

 

いちばん重要な、

「期中の観察スキル」

を、お伝えします。

 

ここがしっかりできるかどうかが、
人材育成と目標達成に大きく差がついてくる部分なのです。

 

 

人事評価は、期の中のスケジュールで、
「目標設定(期初)」⇒「期中の観察」⇒「評価(期末)」
と、大きく3つ、やることが出てきます。

 

そして、それぞれに「評価者のスキル」が必要になります。

 

今日はそのうち2番め、
「期中の観察スキル」について、お伝えしていきます。

 

人事評価は、点でなくて線の取り組みです。

 

前回お伝えした「目標設定のスキル」で、
しっかりとした部下の目標を立てたら、
それを目指して、部下に成果を出させる、成長をさせる、
ことを期中に取り組んでいくのです。

 

期中の観察で求められる具体的な内容は、
次のようなものです。

 

・評価項目を評価期間中にどれだけ観察できているか。
・部下の行動、実績などの事実を記録して残しておくことができているか。
・「ちゃんと見ているよ」ということが相手に伝えられているか。
・他の優先事項に埋もれないような、観察の仕組みを作れているか。

 

この期中の観察が一番重要。
評価制度の成功の鍵をにぎる所です。

 

目標を立て、評価項目を確認してから、
評価点をつけるまでのこの期間。

 

人事評価のことを忘れてしまうのではなく、
目標と評価項目をお互いに意識しながら、
日々、成果の実現と望ましい行動の遂行、
能力の向上に努めていくのです。

 

それを上司がマネジメントし、
モチベーションを上げて実現させていく。

 

まさしくこの評価期間中に、
人事評価制度の目的が詰まっているのです。

 

しかし、これが大抵の企業ができていません。
できていない理由は、明確。

 

「緊急度が低い」からなのです。

 

ここを、上司の意識が低いとかやる気がないとかで片付けて、
思考停止に陥らないように。

 

評価をする立場の人は、
おそらく会社でも一番忙しい職にいる方が多いのです。

 

毎日、毎時、緊急ですぐにやらなければいけない仕事を優先してしまい、
人事評価をつかっての人材育成は、どんな管理職であっても、
どうしても後回しになってしまいがちです。

 

期中の観察も、成長度や取り組み進捗の記録も、
そして部下への声かけなどのフィードバックも、
緊急ではない第二象限のタスクです。

 

意志の力で何とかなるのなら良いのですが、
なかなかできないのが現実なのです。

 

そのために、部下からの毎月2回のシート提出と簡単なミーティングを、
必須業務として固定して、実施するようにします。

 

重要な必須業務として、期日を設けることで、
緊急度を上がります。

 

部下のマネジメントができるように、
仕組み化しているのです。

 

この毎月2回のタイミングを上手く使って、
部下の観察ができるスキルを身に付けていきましょう。

 

ちなみに、ある会社ではシートを使うのではなく、
「評価カード」というものを用いて、
多少ゲーム感覚で楽しみながらこの毎月2回の面談を実施しているところがあります。

 

表にタイトル(評価項目)、
裏には具体的行動が書いてあります。

 

一枚ずつめくりながら、できている?できていない?忘れてた?
など、あまり重くならないように、ゲーム感覚で話し合っています。

 

できている、というカードが増えてくれば、
嬉しい結果が出てきますので、モチベーションが上がってきます。

 

評価シートにこだわらずとも、
目的につながるのであれば、
ユニークな会社独自の取り組みとなり、とても良いですね。

 

この仕組みがあるために、
部下も「やらなきゃ」と緊急度が上がり、
取り組むようになってきます。

 

自分ではなかなか取り組めない、
「重要だけれど緊急でない」ものを、
いかに取り組んでもらえるようにするのか。

 

それが「期中の観察スキル」なのです。

 

このスキルを身につけて、
上司や会社が、期中に働きかけることで、
部下の行動が増え、成果と成長につながります。

 

人事評価制度で、人材育成と成果達成が実現できるかどうかの、
非常に重要なポイントであり、そのスキルですので、
ぜひ身につけていくようにしましょう。

 

本日の日課 64点 (ABA&猫は夢だなあ)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【A4一枚賃金制度】
 榎本あつし アニモ出版 2019-12-10
 ※賃金制度も含めた人事制度全般の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【A4一枚賃金制度】

 【働き方改革を実現する会社ルールブック】
 榎本あつし アニモ出版 2019-2-15
 ※組織改善・向上につながるツールの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【働き方改革を実現する会社ルールブック】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-A4一枚評価制度,