A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

A4一枚評価制度の導入事例、コンサル企業のケース。

今日は箱根の予選会がありました!

 

箱根駅伝大好きなんですよね。

 

で、たまたまTVを付けたら、
なんと予選会を中継で放送してました。

 

予選会は、立川で行われるので、
知っている身近な景色ばかりで、
それも楽しみながら。

 

11位の予選通過と12位の予選落ちでは、
本当に雲泥の差。

 

残酷なドラマですが、
それが面白いのも事実ですね。

 

さて、本題です。

 

★A4一枚評価制度の導入事例、コンサル企業のケース

 

シリーズ、A4一枚評価制度の実例。

 

今回で、一旦最後のご紹介。
都内にあるコンサルティング会社の例です。

 

ここでも、給与・賞与とは直接連動させずに、
まずは働く人たちの成長を目的にやっていきましょう、
ということでサポートしています。

 

中小~一部上場までの企業のサポートをする、
コンサルティング会社です。

 

ここは、業績は元々順調に推移していることもあり、
業績向上よりも中長期的な人材育成をテーマに、
お手伝いさせていただきました。

 

その目的もあり、
社長は一切内容には関わらず、
理念を元に評価対象の従業員で考えて「自己成長」を
作っていくことをワークにて実施、評価項目に落とし込んでいます。

 

毎月単位でトップが面談をする運用で進めていますが、
この会社でユニークなのは、「カード」を作成して、
そこに「理念」を掲載するとともに、
「自己成長項目」を載せているという点です。

 

 

カードには、
評価シートから内容を転記して載せています。

 

いつでもどこでも理念と成長項目を確認、
意識できるような取り組みです。

 

毎日、毎週、毎月シートやカードなどのツールによって、
理念や成長項目に触れていく社員がどのように成長するのか、
これからが楽しみな会社です。

 

★ユニークなカード

 

名刺サーズの二つ折りのカードに、
会社理念と評価項目を載せています。

 

自分自身で、
いつでも思い出したときに、
「気づく」ことが大事なのです。

 

実証データでは、
「評価」はされなくても、
「自分で振り返る」だけで、
行動の改善は起きるといわれています。

 

「自分で振り返る」機会を設けることも、
人事評価制度の成功のコツではないでしょうか。

 

 

本日の日課 72点(今から箱根本番が楽しみになってきました)

(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【A4一枚賃金制度】
 榎本あつし アニモ出版 2019-12-10
 ※賃金制度も含めた人事制度全般の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【A4一枚賃金制度】

 【働き方改革を実現する会社ルールブック】
 榎本あつし アニモ出版 2019-2-15
 ※組織改善・向上につながるツールの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【働き方改革を実現する会社ルールブック】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-A4一枚評価制度