A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

社員が頑張ったのに目標に至らなかったら。

2018/03/28

ふっふっふ。

 

今日は午後一で、飲食業のお客様の人事評価制度説明会。

 

ちょっと熱くなりすぎて、色々と話過ぎました。てへぺろ()。

 

まあ、でも良しとします。

 

その後、高円寺に行って、T教授とSさんと一緒にABA(応用行動分析学)の取り組みの作戦会議。

 

いやいやいやいや、盛り上がる。

 

詳細、数日で決まりますので、
また近々ご案内します。

 

ABA(応用行動分析学)好きなあなた、
4月27日の夜、あけておいてね。

 

さて、本題です。

 

監督が「こうやっていく」と立てた作戦を無視して、
自分の好き勝手やったとしたら、その選手は評価されません。当たり前ですね。

 

では、選手が作戦通りに頑張ったのに、
試合に負けたとしたら、それは誰が悪いのでしょうか。

 

★社員が頑張ったのに目標に至らなかったら。

 

経営者は監督、選手は社員として考えてみましょう。

 

監督であるあなたは、守って引き分け狙いの作戦を立てました。
選手はあなたの指示に従い、しっかりと望ましい行動をしていました。
FWも攻めることを抑えて、守りに力をかけていました。

 

にもかかわらず、最終的には1点を取られて、
負けてしまいました。

 

敵チームは、あなたのチームが引いてくるのを見越して、
その作戦に合わせて1点を取る戦略を立てていたようです。

 

 

さて、現実的にはこのようなこともたくさん起こり得ます。
選手は指示通りよくやった、でも結果として目標に届かなかった。
これはいったい、何に原因があるのでしょうか。

 

厳しいかもしれませんが、
やはりこれは監督の責任になります。

 

選手が指示通りに動かず、自分の好き勝手をやって負けたのであれば、
それは選手の責任です。

 

しかし、選手は指示通りの行動を頑張ってやったにもかかわらず、
負けたのであればそれは指示をした監督の責任です。

 

企業も同じです。

 

目標に対して指示を出したが、社員がその通りには行動しない、
自分の好きなこと、得意なことばかりやっているのであれば、
評価を下げることはもちろん問題ありません。

 

しかし、指示に対してちゃんとやっている、行動しているにも関わらず、
企業の目標に達しなければ、それは監督である社長の責任なのです。

 

社員の評価を下げて、社員の責任にしてはいけません。

 

そのため、目標に対してのその時の評価シートは、
しっかりと社長が責任を持って作らないといけません。

 

これをやってほしい、これをやれば業績があがる、
という評価項目を真剣に考え、検討し、社員に示す。

 

そしてそれをやったらちゃんと業績が上がるようにする、
という覚悟を持ってつくるのです。

 

中小企業の場合、業績を上げるためになにをやったらいいのかが一番わかる人は、
やはりオーナーである社長なのです。

 

社長がまずは何をやってほしいかを、しっかりつくるところから、
業績の上がる人事評価制度はスタートするのです。

 

 

本日の日課 56点(今夜はお菓子総選挙だ(ガチ))

(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-A4一枚評価制度, ABA(応用行動分析学), ABAマネジメント