A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

フィードバック面談ストーリーシート。

2020/01/18

先週は出走がなかった出資馬ですが、
今週は3頭が土日で登場。

 

そしてなんと重賞に2頭出走。

 

これは楽しみ。

 

歓喜となるか、打ちひしがれるか。

 

・・・まあ、大抵後者なのですけれどね。

 

さて、本題です。

 

フィードバック面談ストーリーシート。

 

人事制度の運用の中で、
評価結果を本人にフィードバックするという過程があります。

 

いわゆる「フィードバック面談」です。

 

これを「適当」にするとダメ。

 

しっかりと、評価をしている目的、
このフィードバック面談を何のために行っているかの目的を伝えます。

 

そして、頑張ったこと、成長したこと、成果を出したことを大いに承認し、
動機づけに繋げます。

 

さらに、できなかったこと、足りなかったこと、まだ課題だということを明確に伝え、
次期以降の育成に繋げます。

 

これらのために、
場の作り方、GROWモデルでの進行、人間性ではない事実での評価、傾聴、質問、承認、
意思確認のコミットメントなどを行います。

 

フィードバック面談では、
そのやり方次第で効果を発揮するのか、
ただやっているだけになるのかは大きく変わってくるのです。

 

ただ、この「やり方」がちゃんとできるかどうかは、
その評価者の習熟(慣れ)次第な部分が大きいので、
抜け漏れせずにしっかりやってもらうために、
この「フィードバック面談ストーリーシート」というものを導入しています。

 

 

面談に入る前に、簡単にストーリーを考える、
ストーリーといっても、大それたものではなく、
最初にはこれを話そう、良かった点はここだから、これを承認しよう、
課題はどこかを聞いて、すり合わせをしよう・・・

 

などのように、箇条書きでも構いませんので、
面談に何を伝えようか、を作っておくのです。

 

研修で行った、
面談のスキルのチェックリスト化も行い、
記載しています。

 

面談に慣れていない評価者には、
まずはこのシートをヒントにしながら面談することで、
効果のある面談ができるようになります。

 

何も考えずに、ただ会話するだけ、
ただ結果を伝えるだけでは、面談の意味がありません。

 

貴重な時間を使うフィードバック面談、
ぜひ、このようなストーリーシートを使い、
動機づけを図り、育成につながるものにしていきましょう。

 

本日の日課 56点(シートはプロンプトです)
(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【A4一枚賃金制度】
 榎本あつし アニモ出版 2019-12-10
 ※賃金制度も含めた人事制度全般の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【A4一枚賃金制度】

 【働き方改革を実現する会社ルールブック】
 榎本あつし アニモ出版 2019-2-15
 ※組織改善・向上につながるツールの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【働き方改革を実現する会社ルールブック】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-A4一枚評価制度