A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

電気をつけるのを忘れないのに、消すのを忘れるのはなぜか。

2020/03/18

子どものころに流行ったダジャレシリーズ、その1765回。

 

 

「恐怖の味噌汁」

 

 

「お母さん、お味噌汁の中身なにー?」

 

「今日は、お麩よー。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きょうふの味噌汁。

 

 

 

 

 

次回は「悪の十字架」をお届けします。

 

 

さて、本題です。

 

 

電気をつけるのを忘れないのに、消すのを忘れるのはなぜか。

 

 

FB&行動分析でお仲間の、
中島さんの投稿を見て思い立ったので投稿です。

 

中島さんは、放課後等デイサービス「バンブーハット」を運営されている、
ABA(応用行動分析)好きのお仲間です。

 

https://www.bamboohat-base.net/

 

電気をつけるのを忘れる人はいませんが、
消すのを忘れる人は多いです。

 

節約の気持ちが足りないからでしょうか、
「ずぼら」だからでしょうか。

 

いいえ、違います。
行動分析家はそうは考えません。

 

「行動」に違いがあるのです。

 

違いといっても、
「スイッチを押す」ことは全く同じレベルの難易度であり、
つけるのは簡単で、消すのは難しいというわけではありません。

 

では、何がちがうのでしょうか。

 

「つける」にはある、「強化の行動随伴性」が、
「消す」にはないのです。

 

 

ちょっと分析してみましょう。

 

 

部屋の中に用事がある人にとって、
入っていく部屋が「明るくなる」ということは、
とても良い「刺激・結果」の出現です。

 

まあ、部屋が明るくなければ何もできないので、
当たり前ですね。

 

「部屋が明るくなる」という、好子が出現することにより、
行動が強化されています。上向き矢印。

 

強化されることは、このように当たり前のことが多く、
あまり気づいてやっているものでもありません。

 

・くっきり見えるから、メガネをかける
・ジュースが出るから、ボタンを押す
・字が表示されるから、キーボードをたたく

 

すべて、行動の後の後続事象によって、
行動は強化されているのです。

 

一方、消す場合の行動分析です。

 

 

右側の矢印がなくなりました。

 

その部屋から出ていく人にとっては、
後の部屋が暗くなることは、別によいことでも悪いことでもないのです。

 

そう、困らない。

 

電気を消す行動は、強化されないのです。

 

これを、その人の注意力や意識のせいにしても、
改善にはつながりません。

 

強化されない行動を、強化されるような仕組みを作ることの方が、
改善につながるのですね。

 

と、ここまで書いて・・・。

 

2年ほど前に同じ記事を書いていることを思い出しました。
(ホントは書き始めてすぐに気づいたけど)

 

電気を消すのを忘れるのはなぜか。

 

ほぼ同じこと書いていますが、
弱化についても少し触れていますので、
良かったら見てね。

 

本日の日課 52点(ネタを繰り返し使うことをOKにしよう、そうしよう)
(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【A4一枚賃金制度】
 榎本あつし アニモ出版 2019-12-10
 ※賃金制度も含めた人事制度全般の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【A4一枚賃金制度】

 【働き方改革を実現する会社ルールブック】
 榎本あつし アニモ出版 2019-2-15
 ※組織改善・向上につながるツールの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【働き方改革を実現する会社ルールブック】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-ABA(応用行動分析学), ABAマネジメント