A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

「好子出現による強化」の弱点。

急に寒くなりましたね。

 

ちなみに、うちの事務所は相当寒い。

 

財布が寒いとか、おやじギャグが寒い、のではなく、本当に温度が低くて寒い。

 

小さいビルで、
四方が外、ということが理由かも。

 

あと、都内よりも標高が高いので、
やはり温度が3度ぐらい寒い。

 

皆がいるときはエアコン付けますが、
広い空間に一人のときは、なんだかもったいないので、
付けずに、ダウンジャケットを着ながらの仕事です。

 

これから本格的に寒くなるので、
風邪ひかないように気を付けないとね。

 

えっと、特にオチ無しです。

 

さて、本題です。

 

★「好子出現による強化」の弱点。

 

ABA(応用行動分析学)を使って、
行動を増やそう、習慣化しようというときに、
パっと思いつくのが、「好子出現による強化」です。

 

望ましい行動をしたら、直後に良い結果(好子)を出すということ。

 

「意見を言った」ら、「ありがとう!」という。
「笑顔で挨拶した」ら、笑顔で挨拶をかえす。
「お手伝いした」ら、ご褒美で好きなお菓子をあげる。

 

良い結果(好子)が出現することで、
その直前の行動が繰り返される(強化)ようになるのです。

 

嫌子(何か悪いこと)を使って、
行動を制御するのとは違い、あまり副作用もなく、
良い行動変容のさせ方、と言われています。

 

行動分析学を確立した、B・F・スキナーも、
嫌子を使わない世界、好子であふれた世界を理想としていました。

 

しかし、この「好子出現による強化」だけでは、
望ましい行動を自らするようになるには、片手落ち。

 

パッと思いついやすいものではありますが、
弱点もあるのです。

 

その弱点とは・・・。

 

「望ましい行動をするまで待たないといけない」

 

です。

 

 

つまり、好子を出せるのは、
「望ましい行動」をしてくれないと、
出せないわけです。

 

望ましい行動の前に「好子」をだすことはできず、
間違った行動の後にも「好子」はだせません。

 

「意見を言う」まで、
「笑顔で挨拶する」まで、
「お手伝いする」まで、根気よく待っていないといけないのです。

 

たまにでもやってくれればいいですが、
いままでにやったことのない行動、
うまくできない行動の場合は、
好子をいつまでも出せない場合もあるかもしれません。

 

「好子出現による強化」

 

は、行動の習慣化には一番やりやすいような気がしますが、
すぐではなく時間をかけてもいい場合や、
たまにはできる、という場合などに、
有効なやり方なのです。

 

「好子出現による強化」だけでは、片手落ち。

 

しっかりと、その行動を分析したうえで、
他の手法と合わせて使うことができるようになりましょう。

 

★「A:先行条件」を考える

 

望ましい行動がなかなか出現しない、
いままでできたことのない、
という場合には、「C:結果」の方ばかりを考えるのではなく、
「A:先行条件」をうまくつかいましょう。

 

望ましい行動を引き出す、
「きっかけ」をうまく使って、
まずは行動を出現させる、そして間髪入れずの好子提示、
をやっていくわけですね。

 

本日の日課 60点(寒い寒い。寒いの苦手です)
(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【A4一枚賃金制度】
 榎本あつし アニモ出版 2019-12-10
 ※賃金制度も含めた人事制度全般の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【A4一枚賃金制度】

 【働き方改革を実現する会社ルールブック】
 榎本あつし アニモ出版 2019-2-15
 ※組織改善・向上につながるツールの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【働き方改革を実現する会社ルールブック】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-ABA(応用行動分析学), ABAマネジメント