A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

あなたは透明の箱にお金を入れますか?

2017/09/19

広島が優勝!

・・・は素晴らしいのですが、その影で西武がすごい試合して頑張っていました!

広島に比べて、じみーな感じの西武ですが、若い選手中心に頑張っています。
CS勝ち上がって対戦したいです。

でも、ソフトバンクも相当強いしね。うーん。

 

さて、本題です。

 

あなたは透明の箱にお金を入れますか?

 

あなたの目の前に透明な箱が置いてあります。

 

後ろにはボードがあり、こう書いてあります。

 

「お金を入れてください」

 

さて、あなたはこの箱にお金を入れるでしょうか?

 

「いやいやいやいや、なんかあやしいし。」

 

と思われる方が、ほとんどなのではないでしょうか。

 

では、もしこの箱の後ろのボードに次のように書かれていたら、
どうでしょうか?

 

「このお金は、震災で避難している方の援助に使われます」

「このお金は、途上国の学校の設立に使われます」

「このお金は、犬や猫の保護のボランティアに使われます」

 

きっと、それぞれこの目的に賛同する人が、お金をすすんで箱に入れるでしょう。

人の行動は、目的を知っているかそうでないかで、大きく変わります。
(ABA的にはこれを「E・O/確立操作」といいます)

 

箱にお金を入れるという行動自体は、全く同じです。
にもかかわらず、自律的に行動を起こしたり、指示を出してもやらなかったりと、
目的が分かっているかどうかだけでも、人の行動は変わるのです。

 

さて、本題です。(いや、いままでも本題ですが)

 

人事評価制度の目的が分かっていますか?

 

貴社の人事評価制度をやっている人たち(評価者も被評価者も)は、
その目的が分かってやっていますでしょうか。

透明な箱にお金を入れろ、と言っているように、
ただ単にやることだけを伝えていませんでしょうか。

それでは人は行動しません。

なにを目的にやっているのか、
やることで何につながるのか、
それがどんな良いことをもたらすのか。

それをしっかり伝え(何度もやらないと伝わりませんよ)、
それに賛同してもらい、
その手ごたえを感じさせてあげると、
自分から行動をしてくれるようになります。

ただ単に、

・期日までに目標を作って出すように
・面談するように
・フィードバックするように
・エラーに気を付けて評価するように

なんて言っても、誰もお金は入れてくれません。

それよりも何よりも、
これを頑張ってやっていったらこれが実現するんだ、
という、目的をしっかり伝え、皆がその目的を分かって目指すことを第一にしていく方が、
人事評価制度の運用はうまくいくのです。

 

指標の一つとして、
定期的に社員に聞いていくといいでしょう。

 

「うちの人事評価制度は、なにを目的にやっているのだっけ?」

 

全員が、その目的を明確に答えられるようになっていれば、
きっと人事評価制度は成功します。

 

 

本日の日課 72点 (CS頑張れ~)

(日課とは、私のオリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

-A4一枚評価制度