A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

ビフォーアフターを測定する。

2018/06/09

6月中旬に入厩予定!

 

(恥ずかしいから名前は伏せますが、命名馬です)

 

ジャスタウェイ産駒、
走るといいなあ、応援しています。

 

さて、本題です。

 

★ビフォーアフターを測定する。

 

学問としてのABA(応用行動分析学)においては、
本当は改善策を一気にたくさんやることは、望ましいとされていません。

 

取り組んだ施策の中で、何が行動を強化したのかをしっかり測定しておかないと、
色々やった中で、偶然何かがうまくいっただけで、
その何かが分からないと、再現性がないことになってしまいます。

 

「研究」にはならないわけですね。

 

「報告があったら、ありがとうということにした、というルールのみを実行したら、
報告数が増えた。一か月後、ありがとうということをなくしたら、報告数が減った。
ゆえに、ありがとうということが、好子として働き、報告という行動が強化したといえる。」

 

ということを、学問でのABA(応用行動分析学)では、
数字などのデータをもって証明することが必要になるのです。

 

しかし、組織の改善の現場においては、極端な話、何がうまくいったか、
を突き止める必要はなく、報告が増えて、目的につながり、
組織の成果となれば、そちらが正解になるわけです。

 

わざわざうまくいっている施策を、再度やらなくして確かめるなんてことは、
するはずもありません。

 

ただし、そうはいっても、やたらめったら、
なんでもトライしてというのでは、
いろいろとやらされる方も疲弊してしまいます。

 

「また、上が何かやり始めたよ」というような印象を、
従業員が持つというマイナス効果も考えられます。

 

ABAマネジメントは、やはり科学的なマネジメント手法というこことで、
ここではぜひやってほしい、「改善前」「改善後」の測定のことをお伝えいたします。

 

まずは、改善策を実施する前の「報告の数」をカウントしていってください。

 

一ヶ月程度の間で、どれだけ部下からの報告があったかを数えていきます。
これを「ベースライン測定」といいます。

 

 

そして、改善策を実施してから一ヶ月、
同じように報告があった数をカウントしていきましょう。
ベースラインに比べて、改善後の報告数が増えたかが、
目に見る形で分かるようになります。

 

ここで、期待よりも増えていないようだったら、
別の取り組み策を実施するなどの判断材料として使うこともできます。

 

ある取り組みで効果がたくさん出ていることが分かる様であれば、
それは取り組みの成果として、組織の見える成功実績となります。

 

数字として関連性が見られるようになるところまでを目指していきましょう。

 

 

本日の日課 56点(デビューが楽しみだなあ)

(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-ABA(応用行動分析学), ABAマネジメント