A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

ルール支配行動。言葉の印象がよくないかもね。

うぎゃー。

今日で2月も終わりですね。

そうそう、お雛さま出しています。

昔、日野市というところに住んでいたとき、
近所にあった人形屋さんで買ったやつですが、家族でかなり気に入っています。

 

IMG_9146

 

「木目込み」?というヤツです。

 

 

さて、本題です。

 

今日は行動分析学のお話。

 

「ルール支配行動」です。

 

「ルール支配行動」とは「行動随伴性を記述したタクトが生み出す言語刺激(=ルール)」のことです。

 

うーん、さっぱりわからない。

 

例で行きましょう。

 

「横断歩道を渡らないと事故に会うよ」

 

といわれると、横断歩道を渡るようになります。

事故にあったことないのに。

 

「毎日このサプリを飲むとやせるよ」

と言われると飲むようになります。

やせたことないのに。

 

「この勉強法なら東大合格するよ」

合格してないのに。

 

b3893ea8c2578b1e2a08417e844f5895_s

 

ましてや、

「食べてすぐ寝ると牛になるよ!」

「トイレを掃除するとべっぴんさんになるよ!」

 

などというように、迷信じみたものであっても守ったりします。

このように言葉による疑似体験的な説明によるものであっても、人の行動は制御されるのですね。

 

これを言葉による言語刺激(ルール)によって制御(支配)されている行動、

つまり「ルール支配行動」です。

 

動物にはない概念です。

意味のある言語を持つ人間ならではのものです。

 

本来は、本当に事故に会うなどという結果(刺激)があって、その経験から必ず横断歩道を渡るようになる、などとその後の行動が制御されるのですが、ルール支配行動は結果が出現していないにもかかわらず、行動に影響を与えます。

 

また、同じ言語によるルールも、誰が言うのかで大きく影響力がかわります。

 
「このサプリを飲めばやせるよ」とか「この勉強法なら東大合格するよ」と言われることも、実際にやせた人やテレビで見る有名なモデル、実際に合格した人や、有名な塾の先生などがいうと行動は制御されます。

 

が、そこらへんの知らないおやじさんに言われても、はいそうですかとはなりません

 

よく、言われる内容より誰が話すかが大事、などと言われますが、
これはまさしく行動分析学でいうところの「ルール支配行動」の「確立操作」による違いというヤツなんですね。

 

ただ、毎回思うのですが、ネーミングがあまりよろしくない。

「ルール」とか「支配」とか、大抵の「人」はこのような言葉は嫌います。

ネーミングって結構重要ですしね。あまりうけはよくないのかなあ、と悩んでおります。

でも学術用語ですしね。直訳(rule-governed behavior)ですが。

 

ちょっと長くなってしまったのでこの辺で。

こんな話にご興味ありましたら、ぜひ当社団法人のセミナーにもお越しください~。

あ、4日の入門講座は私が講師でした。

http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/11364

 

ここからは、弊社の人事関連セミナーです。

★A4一枚評価制度セミナー
★行動分析学で組織を変えるセミナー
★夢をかなえる「行動アシスト手帳」の作り方講座
★A4一枚評価制度 作成実践講座

開催中です!

本日の日課 68点 (あ!もう3月!)

(日課とは、私のオリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-ABA(応用行動分析学)