A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

時代は「パフォーマンス・マネジメント」だ。

 

制服がかわいい、文化祭楽しそう、だそうです。大事な要素。

来年受験なのにまだ志望校を決めていない、うちのJC曰く。

 

そんなものなのかね~。

 

 

さて、本題です。

 

今日は「パフォーマンス・マネジメント」を取り上げます。

 

時代はパフォーマンス・マネジメントだ。

 

いったいパフォーマンス・マネジメントとは何か?

は、google先生に聞いてね(無責任)。

 

非常にはしょって言うと、組織における個々のパフォーマンスを最大限に発揮できるようにする、マネジメント手法のことです。

ホントは古く、1970年台からあります。

 

簡単に具体的に言っちゃうと(省略すればするほど不完全になるのは許して)、

きっかけとフィードバックを日々行うことにより、
自主的に適切な行動を出現させるように導き、
それによりちょっとした成果をどんどん出してもらうことです。

「パフォーマンス」という定義がなかなかしっくり来ないかもしれませんが、

私は「行動」と「成果」の間にあるものとよく伝えています。

 

行動と成果とパフォーマンスの違い。

 

走るのは「行動」

マラソンレースに勝利するのは「成果」

長距離を速いタイムで走ることは「パフォーマンス」

 

文字を書いたりPCを操作するのは「行動」

契約を取るのは「成果」

契約につながる良い提案書をつくるのは「パフォーマンス」

 

つまり、誰でもやろうと思えばできるレベルなのが「行動」

運だったりライバルだったり、外部要因で結果が左右されるのが「成果」

外部に左右されないが、行動の量や質、能力などにより差が出るものが「パフォーマンス」

(異論は認めます)

 

パフォーマンスを高めることにより、より成果への確率は高まります。

それを引き出すためのマネジメントです。

 

「行動」だけを評価すると、ただやればいいというレベルにとどまり、会社の業績につながりません。

「成果」だけを評価すると、能力の引き上げが疎かになり、再現性につながりません。

「パフォーマンス」を評価することにより、
業績につながる確率を高めていき、
持続経営につながる人材の能力引き上げを行なっていくのです。

 

ちなみに、今週土曜日に「行動アシスト手帳の作り方講座」というセミナーで講師を務めるので、
自分が過去に作った手帳を振り返ってみました。

 

一番最初につくったものが2008年の10月。

そのころから自分の手帳のタイトルは「パフォーマンス・マネジメント Today」でした。

 

IMG_9308

 

(※継続3075日となっていますが、白紙で書かなかった日も多いのはナイショ)

 

ちなみにこのタイトルは、今でも私のバイブルである島宗教授のこの本、
「パフォーマンス・マネジメント ~問題解決のための行動分析学~」
を当時読んで、本当に感動して付けたのでした。

 

いくつかは目標が叶ったりしているので、
少しはセルフマネジメントができるようになっているかなあ、とは思っています。(どうだろ)

 

 

★A4一枚評価制度セミナー 【5月17日】
★行動分析学で組織を変えるセミナー 【4月12日】
★夢をかなえる「行動アシスト手帳」の作り方講座 【3月25日】
★A4一枚評価制度 作成実践講座 【4月19日スタート】

 

本日の日課 72点 (WBC惜しかった。本来のパフォーマンスが発揮できなかったかな?)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-ABA(応用行動分析学), 仕事