A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

自律型社員は育成できる。

昨日卒業式だった娘は、
その日の夜、仲の良い女子友だち7名と卒業後の女子会。inファミレス。

 

そして、今日はクラスの男子も交えて、大人数の打ち上げ。in焼き肉屋。

 

さらに、明日は入学予定の高校で、早くもSNSでつながっているグループとの懇親会。in渋谷のどこか。
(まだ入学前なのに)

 

ここ3日間で3回の懇親会。

 

 

 

早くも私の一年分に並びました。

 

 

うーん、この父親と段違いのコミュニケーション力はどこから来ているのだろうか。

小さい頃から、実験台として「好子出現の強化」はやってきましたが・・・。

 

さて、本題です。

 

 

「自律型社員は育成できる。」

 

「自律型社員」とは、元々生まれつきの性格や人間性で、
決まっているものであって、会社に入ってから育成するようなものではない。

 

・・・と、なんとなく思われている方が多いのではないでしょうか。

 

そのようなことは決してありません。

 

 

どんな人間でも、後から変えること、変わることは可能です。
逆に言えば、どんなに「自律型」であった人であっても、
後からダメになってしまうこともあります。

 

全て、とまでは言いませんが、
大部分は職場の環境次第なのです。

 

人の性質は遺伝によるものと、環境によるものの、
両方からなり経っています。

 

社会人になるまでの家庭環境、学校環境などにより、
ある程度形成されてはいますが、社会人になってからの職場環境に、
人はかなりの時間、身をおくことになります。

 

その職場が、「自律型」でいることが適している職場であれば、
自然と人は適応していくようになります。逆も然りです。

 

そして、具体的にどう、職場で育成していくかいうと、
「自律型」である人の「行動」を定義し、
その「行動」がどんどん現れる仕組みを作るのです。

 

この「行動」を出現させることは、
ABA(応用行動分析学)のもっとも得意とすること。

 

ABAマネジメントで、
自律型社員を育成していく仕組みです。

 

明後日、ABAマネジメント基礎講座を開催。
自律型社員の育成方法など、お伝えする予定です。

 

 

本日の日課 54点(ちなみに自分は自他ともに認める非自律型)

(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-ABA(応用行動分析学), ABAマネジメント