榎本あつしのBLOG(人事制度の学校・評価をしない評価制度・A4一枚評価制度とABA:応用行動分析学)

人事制度や社労士やら応用行動分析学の研究やら猫やら馬やら庭やらで毎日過ごしています。

「ターゲット行動」と「ライバル行動」。

今日は会計事務所の皆様向けに、
人事評価制度&監修したクラウド人事評価のセミナーをやってきました!

 

 

ショートバージョンでしたが、
伝えたいことは伝わったかな、と思います。

 

訪問&セミナーたくさん週間、
半分経過!もうひと踏ん張りです。

 

成果にたどりつくための望ましい行動と、
それを阻害してしまう望ましくない行動。

 

それをしっかり見極めていますでしょうか。

 

★「ターゲット行動」と「ライバル行動」。

 

「成果」を実現するためには、
「行動」を積み重ねないといけません。

 

「成果は行動の集積」であり、
特に企業規模になると、社長一人で成果を出せるわけではなく、
一人ひとりの望ましい行動が集まって、
成果にたどりついていくわけです。

 

このときの「成果」に関する目標は、
「成果目標」となります。

 

その「成果目標」を実現するための行動が、
「ターゲット行動」になるわけです。

 

 

まずスタート段階で、
この「ターゲット行動」をちゃんと設定できるかどうか、
これが大事になります。

 

そして、もう一つ。

 

成果から遠ざかってしまうような、
「ターゲット行動」と反対の行動のことを、
「ライバル行動」といいます。

 

これも、何が成果にとってのライバル行動なのかを、
しっかりと見極め、それをやらないようにすることで、
より一層、成果の実現に近づいていくわけです。

 

いつもの例にはなりますが、
例えばダイエット。

 

成果目標は、
「6か月後に5kg減」
「腹筋を割る」

 

になります。

 

この成果に向けての「ターゲット行動」は、

 

「毎日ランニング10km」
「腹筋50回」

 

と、このような感じです。

 

そして「ライバル行動」は、

 

「寝る2時間前よりあとに食事をする」
「カロリーの高い(数字が設定できればなおOK)食べ物をたべる」

 

になります。

 

このように望ましいターゲット行動、
望ましくないライバル行動を明確に設定します。

 

次のステップで、
現在の「ターゲット行動」や「ライバル行動」のABC分析をして、
どんな環境で行動が起きやすのか、起きにくいのかを分析します。

 

そして、そこから
前後の環境を変える介入をして、
行動変容をやってみる。

 

ターゲット行動をできるだけ増やして、
定着化できるようにして、
ライバル行動はできるだけ減らして、
出現しないようにする。

 

この仕組みで、
成果の実現に近づけていきましょう。

 

 

本日の日課 60点(あと2日あ~!!)

(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【A4一枚賃金制度】
 榎本あつし アニモ出版 2019-12-10
 ※賃金制度も含めた人事制度全般の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【A4一枚賃金制度】

 【働き方改革を実現する会社ルールブック】
 榎本あつし アニモ出版 2019-2-15
 ※組織改善・向上につながるツールの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【働き方改革を実現する会社ルールブック】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-ABA(応用行動分析学), ABAマネジメント