A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

A4一枚評価シートの工夫。合計点が計算されない。

2020/02/23

本日、2月22日は「に・に・に」ということで、
有名なあの日ですね。

 

インスタでもツイッターでも、
たくさんの写真が投稿されていますね。

 

 

そう、

 

 

 

 

 

「忍者の日」。

 

 

 

 

 

 

にん・にん・にん。

 

 

 

うそうそ。(うそじゃない)

 

 

本日は「猫の日」でしたね。

 

 

 

さて、本題です。

 

A4一枚評価シートの工夫。合計点が計算されない。

 

 

工夫の4つ目、
最後は「合計点が計算されない」です。

 

 

不便に思われるかもしれませんが、
「工夫②評価基準」ところでもお伝えした、
合計点で逆算するのを防ぐためです。

 

部下も上司もですが、合計点を算出したのちに、
「あれ、低すぎるかな」とか「まずい、高すぎた」などのように、
合計点から中身を調整しはじめるのです。

 

いわゆる「逆算化傾向」という、
やってはいけないエラーです。

 

本来、一つ一つの項目に対して、
発揮度はどうだったかを評価していかなければいけません。

 

良い所は良い評価で動機づけにつなげ、
課題は課題で上司も本人も認識して、
改善・成長につなげなければいけないのに、
合計から調整してしまっては、どちらもできなくなってしまいます。

 

評価点の集計に関しては、
経営や人事で換算するシートを用いて算出するようにいたします。

 

実際には合計点が表記されなくても、
仕組みが分かっていれば、評価者も被評価者も計算は可能です。

 

しかし、人は「行動コスト」がかかるものは、
やらなくなるものです。

 

すぐに合計が出ずに、視界に入らないだけでも、
かなり逆算化は抑えられ、一つひとつの項目を調整なしにつけられるようになるのです。

 

本日の日課 52点(口取り2頭は撃沈だ。。。)
(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【A4一枚賃金制度】
 榎本あつし アニモ出版 2019-12-10
 ※賃金制度も含めた人事制度全般の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【A4一枚賃金制度】

 【働き方改革を実現する会社ルールブック】
 榎本あつし アニモ出版 2019-2-15
 ※組織改善・向上につながるツールの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【働き方改革を実現する会社ルールブック】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-A4一枚評価制度