榎本あつしのBLOG(人事制度の学校・評価をしない評価制度・A4一枚評価制度とABA:応用行動分析学)

人事制度や社労士やら応用行動分析学の研究やら猫やら馬やら庭やらで毎日過ごしています。

「評価をしない評価制度」オンラインセミナーのご案内です。

2020/11/19

今日は長野に日帰り出張。

 

横川のSAではこんなのありました。

 

峠の釜めし、鬼滅バージョン!

 

 

ちょっと食べようか悩みましたが、
時間がないので今回は、車中でおにぎりなど。

 

事務所に戻ってちょっと仕事した後、
夜は新宿へ!

 

年に一回、
開業時から続いている、お世話になっている先輩&仲間との忘年会でした。

 

今回、私の愚痴ばかり聞いてもらったかな~。すみませんです。

 

出てきたのは釜めしでしたとさ。(わっぱめしか)

 

 

さて、本題です。

 

「評価をしない評価制度」オンラインセミナーのご案内です。

 

昨日もご案内しましたが、
プレスリリース&サービス開発を記念して、
1時間30分版の「評価をしない評価制度」オンラインセミナーをいたします。

 

4回、開催しますので、
ご都合のあるところでぜひ!

 

一回目は一週間後ですので、
再度ご案内させていただきます。

 

★「評価をしない評価制度」とは?

文字通り「人事評価制度」 → 「評価」を取ってしまって運用する評価制度のことです。

もし「評価」をしなくても、業績向上・人材育成・動機づけにつながるのであれば、
わざわざこれだけ不満のでる「評価」をしなくてもよい、
がこの制度のコンセプトなのです。

を一気に解決する逆転の発想の人事評価制度です。

本来の上司の役割は、評価や査定をすることではなく、部下を活躍させること。
評価を使わずにそれを実現できる制度、それが「評価をしない評価制度」です。

★対象の方

・テレワークが多くなり、評価者がどう評価していいか悩んでいる
・評価基準が不明確、というような不満が出ている
・評価者によって甘い・辛いのバラつき、好き嫌いなどが出ている
・評価者から部下へのフィードバックができていない
・評価者の評価スキルが低い
・自己評価より低く評価されて、その説明がないと社員から不満が出ている
・評価者が忙しく、評価に取り組めない、負担となっている
・評価制度が形骸化して、ただやっているだけになっている
・同一労働同一賃金に対応できる制度にしたい

上記のような要望・悩みを抱えていて、どんなことをしたらよいかがわからない、
今までやってきたことではうまくいかないという経営者、人事の方、管理職の方、コンサルタントの方。

★一般的な人事評価制度との違い

 

お申込み、詳細はこちらから!

 ↓

「評価をしない評価制度」オンラインセミナー

 

気合いれて頑張ります!

 

本日の日課 60点(おしぼり出てこない案件)
(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【A4一枚賃金制度】
 榎本あつし アニモ出版 2019-12-10
 ※賃金制度も含めた人事制度全般の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【A4一枚賃金制度】

 【働き方改革を実現する会社ルールブック】
 榎本あつし アニモ出版 2019-2-15
 ※組織改善・向上につながるツールの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【働き方改革を実現する会社ルールブック】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-評価をしない評価制度