A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

就業規則とルールブックの違い。

2019/03/02

 

 

朗報!

 

 

 

 

榎本氏、

 

 

 

 

今年も名付け親になる。

 

 

 

 

スクリーンヒーローの牡馬です。

 

名前は恥ずかしいのでナイショです。

1年半後のダービーに出走したら、応援してください。

 

さて、本題です。

 

 

就業規則とルールブックの違い。

 

 

以前に、「就業規則とルールブックは何が違う」という記事を書きました。

 

会社ルールブックと就業規則は何が違う?

 

こちらでも書いていますが、
一番はなんといっても「目的」が違うということ。

 

それ以外にも、かなり違う要素があるのです。

 

今回の出版の機会に、
掲載用に、それを一覧にまとめました。

 

【就業規則とルールブックの違い】

 

【就業規則】 【ルールブック】
目的 労使トラブル防止 組織風土向上
法律 労基法や安衛法などで

決められている

法律で決められていない

(違法なことはダメ)

文章 文章が難しい 文章が平易
通常は文章だけ イラストや写真多め
設置 会社や組織ごとに1冊 1人に1冊
内容 労使間の義務や

権利などの決まりごと

日々の仕事で守ること、

やっていくこと

大きさ A4サイズが多い 手帳サイズ
多くがファイルに

入っている

会社オリジナルの

バリエーション

改定 意見書や届出必要 いつでもできる
関心のある人 退職を考えている人

条件を確認したい人

会社の方向性や将来性を

知りたい人

職場の実態を知りたい人

 

就業規則も、ルールブックも、なにかの目的のために使う「ツール」であり「手段」です。

 

その目的に対して、
より効果を発揮する「性質」があり、
それを存分に使うことが大事なのです。

 

次回以降、それぞれ重要な違いを解説していきます。

 

つづく。

 

 

本日の日課 52点(今からデビューが楽しみだ)

(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-会社ルールブック