A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

「熱意ある社員」6%のみで日本は132位。米ギャラップ調査より。

 

明日は一大イベント!

そう、ダービーです!

 

 

(※ちょっと違う)

 

 

いつか出資馬がダービーを勝つことが私の夢です。本当です。

そのためにも仕事頑張らなきゃね。

 

 

 

さて、本題です。

 

 

「熱意ある社員」6%のみ 日本132位、米ギャラップ調査

 

 

この記事を見て、6%は低いなー、と嘆く方。

だから最近の若者はダメなんだ、と社員を批判する方。

そりゃブラック企業が多いから当然だよ、と企業を批判する方。

色々な意見が出て、なかなか興味深いです。

 

ただ、この調査ってどんな条件でどのような聞き方で、誰に聞いたものなのでしょうか?

経営者に聞いたの?
働いている人に聞いたの?
選択式?
年代は?
男女比は?
誰か知っていたら教えてください。
(面倒くさいので調べていない)

ギャラップ紙の調査は信頼できるそうなので、
テキトーなものではなさそうなのですが。。。

 

まあ、132位は受け止めましょう。

しょうがない。

ちなみに私だって経営者のくせに、あまり仕事に熱意はない。

謙遜しているのではなくて、本当。

 

なにせ、

 

「馬の話するとき目が輝いているよね」

「車のスペックとかすごく嬉しそうに話すよね」

「セミナーで行動分析の話するときは、生き生きしている」

 

というように、自分の好きなことに関わっているときには、
人が変わったように熱意があるらしいです。

 

非常にたくさんの人から同じことを言われるので、
おそらく本当です。

 

・・・普段、いかにつまんなそうに生きているかの裏返しですが。

 

で、次。

 

仕事への「熱意」はどれだけ大事なのか。

 

いやいや、そりゃあ大事でしょう。

当たり前じゃあないですか。と思われるかもしれません。

 

もちろん、それはそうなのですが、言いたいことは、

 

熱意=仕事のパフォーマンス、かどうかの問題。

 

だって、ほら、「日本人って謙虚」だっていうし。

熱意はなくても質の高い仕事をたくさんできる人もいるのでは?

本当は熱意はあるかもしれないけれど、表に出さない、主張していないだけでは?

 

「全然勉強してないんだよねー」⇒良い点取る。

「一緒に後ろの方を走ろう」⇒ゴール前でダッシュする。

 

それと似たような話では?(いや、これは違う)

 

ちょっとたとえが間違っていますが、

大事なのは「熱意」なのか、「発揮してくれるパフォーマンス」なのか。

 

「仕事はそんなにできなくても、熱意の方が大事だよ」

という価値観ももちろんあります。

多少仕事ができなくても、熱意があれば。うん、そうかも。

 

では、30年間ずっと熱意は立派で誰にも負けない人だけれど、仕事はずっとダメダメな人。

一方、30年間あまり熱意はないのだけれど、誰よりも仕事ができて貢献してくれる人。

それでも熱意の方が大事でしょうか。

(※ここでの熱意は仕事の発揮ではなく、言葉や主張で見られる熱意として)

 

熱意があれば、仕事のパフォーマンスにつながる?

 

「何を屁理屈言っているんだ。熱意があれば必ず仕事ができるようになる。」

 

確かにそうかも。

でも、「熱意」ってどうしたら、あるのかないのか、どの程度なのか分かるのでしょうか?

体のどこかに「熱意メーター」があって、それでわかるのでしょうか。

そうではないですよね。

 

「熱意」は「行動」で判断される。

 

そう「熱意」があるから「仕事を頑張る」、「熱意がない」から「仕事をしない」は、まさに循環理論に陥っているわけです。

・「なぜ彼は仕事を頑張るの?」⇒「熱意があるから」
「どうして熱意があると思うの?」⇒「仕事を頑張っているから」 以下ループ

・「なぜ彼は仕事をしないの?」⇒「熱意がないから」
「どうして彼は熱意がないと思う?」⇒「仕事をしないから」
これ。循環論です。

 

 

「熱意がある」「熱意がない」は、その人の行動をみて、レッテルを貼っているだけです。

決して原因ではありません。

今まであったこともない人を見て、「この人熱意がある、ない」とは言えません。

その人の言動を見て表現している、結果の方なのです。

 

つまり、「熱意」をかえるのではなく、「行動」を先に変えるのです。

そして、ABA(応用行動分析学)は、
この行動から先に変えるアプローチなのです。

 

グダグダと長くなってしまいましたが、
ABA(応用行動分析学)に興味を持ってもらいたく、
うちの法人のセミナーにも来てもらいたいな、と思って書いた記事でした。

 

「一般社団法人行動アシストラボ・開催セミナー」

 

よろしくね。

 

※このブログを書いていて気付いたのですが、「熱意」って量の程度を表す言葉がないのですね。

「ある」「ない」では言うけれど、「高い」「低い」ではないし、「多い」「少ない」、「大きい」「小さい」、「重い」「軽い」でもない。

一番、量的な表現をしそうな言葉なのに、程度をあらわせないんだなあと思いました。

 

 

★A4一枚評価制度セミナー 【7月12日】(NEW!)
★人事評価改善等助成金セミナー 【6月16日】
★行動分析学で組織を変えるセミナー 【6月14日】
★夢をかなえる「行動アシスト手帳」の作り方講座 【6月3日】
★A4一枚評価制度 作成実践講座 【ただいま実践中!】

本日の日課 68点 (理屈っぽいとよく言われます)

(日課とは、私のオリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【A4一枚賃金制度】
 榎本あつし アニモ出版 2019-12-10
 ※賃金制度も含めた人事制度全般の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【A4一枚賃金制度】

 【働き方改革を実現する会社ルールブック】
 榎本あつし アニモ出版 2019-2-15
 ※組織改善・向上につながるツールの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【働き方改革を実現する会社ルールブック】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-仕事