A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

理想の5段階評価?薩摩の教えとは。

 

ダービーを勝ったのはレイデオロでした!

 

この馬、知人が出資しようとして抽選外れてしまった馬でした。

これは悔しいですね・・・。

あと、レイデオロ号の母親の母親はウインドインハーヘアという馬です。

そう、ディープインパクトの母親なのです。

 

つまり、ディープインパクトを父親に持つ牝馬に、
種牡馬になったレイデオロをかけ合わせると、
牝馬ウインドインハーヘアの3×4、いわゆる奇跡の血量になるのです。

おー、これぞ血統のロマン。

 

 

さて、本題です。
昨日のブログがダラダラとしていて、
「長すぎる!」と一部の読者(自分だけど)からご批評いただきましたので、
本日は短めに。

 

理想の5段階評価?薩摩の教えとは。

 

ダービーを見ながらなんとなくネットサーフィンをしていて見つけたものです。

出所不明、信憑性も?ではあるのですが、
なるほどな~、と思ったのでブログに取り上げてみます。

かつての薩摩藩では次に掲げる5つの順番で、
人物評価をしていたとのこと。

 

 

一番 ⇒ 何かに挑戦し、成功した者

二番 ⇒ 何かに挑戦し、失敗した者

三番 ⇒ 自ら挑戦しなかったが、挑戦した人の手助けをした者

四番 ⇒ 何もしなかった者

五番 ⇒ 何もせず批判だけしている者

 

うーん、なんとも絶妙なランク付けではないでしょうか。

中小企業の人事評価項目では、もうこれだけでやっていってもいいのでは?
ぐらいのレベル。

特に、

自ら挑戦しなかったが、挑戦した人の手助けをした者】

を、しっかり評価するというのが気に入りました。

 

ぜひ、ご参考に。

 

 

★A4一枚評価制度セミナー 【7月12日】(NEW!)
★人事評価改善等助成金セミナー 【6月16日】
★行動分析学で組織を変えるセミナー 【6月14日】
★夢をかなえる「行動アシスト手帳」の作り方講座 【6月3日】
★A4一枚評価制度 作成実践講座 【ただいま実践中!】

本日の日課 68点 (一年間で全員が二番だったらどうするのでしょうか。いや、それでもきっと良いのです。)

(日課とは、私のオリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【A4一枚賃金制度】
 榎本あつし アニモ出版 2019-12-10
 ※賃金制度も含めた人事制度全般の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【A4一枚賃金制度】

 【働き方改革を実現する会社ルールブック】
 榎本あつし アニモ出版 2019-2-15
 ※組織改善・向上につながるツールの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【働き方改革を実現する会社ルールブック】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-時事、話題など