A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

社員参加型にしたほうが良い理由。

2019/07/14

突然倒れるわけですよ。

 

バッターーーン!と。

 

目の前で。

 

飼っていない人からみると、
何か病気なんじゃないか、大丈夫なのか、
と思われるみたいですが、いたって正常なのです。

 

わざわざ目の前まで来て、
結構な勢いで倒れます。

 

すると、構ってもらえる(お腹撫でるとかね)ので、
好子出現による強化となりますので、
この倒れる行動が定着するわけです。

 

「ぼく倒れたよ」

 

「撫でないの?」

 

うーむ、面倒くさいやつだ。

 

さて、本題です。

 

 

社員参加型にしたほうが良い理由。

 

時によりけりではありますが。

 

人事評価制度を作成するとき、
もしくは会社ルールブックを作成するとき、
「社員参加ワーク」をすることが多くあります。

 

こんな感じ。

 

 

で、なぜこのようなワークをするのか。

何事も目的があります。

 

「そりゃあ、現場で働く人の意見でないと。」

 

とか、

 

「社員のための評価やルールだから。」

 

とか。

 

まあ、それもあるのですが、
それが第一の目的ではないのです。

ブログで書いちゃあいけないかもしれませんが、
現場は大事ですし、社員のためも必要ですが、
それが第一ではありません。(ブログでそんな正直なこと書いちゃあいけません)

私は経営者のサポートとして、
企業の目指す目的の支援をしています。

 

社員満足度、定着、それらも大事な持続経営の戦略の一つと捉えています。
だから、取り組むのです。

 

なぜ、社員参加型で作るかというと、
そうした方が実際の「行動」が増えるからです。
パフォーマンスが上がるからです。

 

 

正直、社員任せにすると、
自分の好きなこと、得意なことが多くなり、
必ずしも企業の目的と一致するとは限らなくなることがあります。

 

また、自分ができる範囲に留まり、
本当はもう少し高いレベルにストレッチして、頑張ってほしいところが、
比較的低いハードルになることもあります。

 

これは、社員が悪いというわけではなく、
「そういう立場」だから、当たり前に起きることにすぎません。

 

しかし、大事なのは項目の中身よりも、
そのことを実際に「行動する」かどうか。

 

ここに、参加型で決めた項目か、
会社側だけで決めた項目か、で大きく違いが出るのです。

 

自分たちで決めたことは、
言われるだけのことよりも、ちゃんとやる。

 

だから、参加型で作るのです。

 

そのため、評価項目が、
短期的なものか長期的なものか、
必達で間違えられないことなのか、そうでもないことなのか、
それらをしっかりと見極めて、
社員参加型にするのか、経営側で決めるのか、
それを間違えないようにしないといけません。

 

まずは「行動」してもらうことが大事。

 

しかし、そこを間違えて致命傷にならないように、
ハンドリングしていくことも必要。

 

社員参加型で決めるということの、
重要性とそのリスクもしっかりと見極めていきましょう。

 

★セミナー情報です!

〇7月18日 ドリームサポート社会保険労務士法人様主催
「会社ルールブックは就業規則を超えるツール!」

〇8月12日 日本褒め言葉カード協会様主催
「評価者研修マスター講座」

〇8月30日 人事・労務様主催
「開業体験ホンネトーク」

 

本日の日課 60点(ねこあるあるシリーズをやろうかな)
(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-A4一枚評価制度, 会社ルールブック