A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

「一般的見方」と「行動分析学的見方」の違い。

2020/02/08

よっしゃー!

 

4月に「ABA(応用行動分析学)マネジメント」に関するセミナーをさせていただくことが決まりました!

 

これは嬉しい。

 

日時、場所など正式に決定しましたら、
またご案内しますね。

 

さて、本題です。

 

「一般的見方」と「行動分析学的見方」の違い。

 

あれ、前段と本題が珍しくつながっていました。
良い傾向だ。

 

で、そのABA(応用行動分析学)マネジメントセミナーで、
良くやるワークの一つです。

 

「行動の原因」をどのように捉えるか。

 

 

一般的には、人の行動は、その人の心や気持ち、
感情などが先行してあり、それが引き起こすと思われています。

 

当たり前すぎて、ここに疑問を持つ人はあまりいなく、
そうではない、などというようなら、
「大丈夫?この人」とか「なんだか冷たいこと言う人」などと思われてしまいます。

 

地動説を唱えたコペルニクスのように。

 

しかし、ABA(応用行動分析学)的な見方では、
行動の原因は内なる目に見えないものにあるのではなく、
環境の変化にある、と考えます。

 

 

そうではない、というのです。

 

人類の長い歴史において、ほんのちょっと前の16世紀までは、
天動説が当たり前で、地球が動いているなんて唱える人は非常識でした。

 

人が風邪を引くのは、神様の罰だ。
風がやまないのは、天が怒っているから生贄が必要だ。

 

ほんの少し前は、そちらが当たり前の考えで、
ウイルスが原因だ、気圧の差だなど言う人がいたら、
それは神への冒涜だ、などと「おかしい人」と思われていたのです。

 

目に見えないものを原因にしている場合、
そうではない原因はなかなか受け入れがたいものです。

 

ましてや「人の心」ほど尊いものはなく、
これが原因でない、と言おうものなら・・・なのです。

 

でも、大事なのはなにか。

 

より、その人の生活の質をよくすることなのです。

 

生贄を出すより、神に祈るより、
薬を飲んだり、天気を予報する方が、
よりその人の生活の質が高まるのです。

 

心を原因にして、その人が不幸なままより、
行動を分析して、よりその人の行動を望ましいものにして、
生活の質をよくする。

 

それができるのが、ABA(応用行動分析学)であり、
だからこそ、この学問に取り組んでいく価値があるのです。

 

なんて、えらそうなことまではセミナーでは言いませんが(いろいろな価値観が人にはあるからね)、
そんな気持ちで話しているのは間違いなく、
感じ取ってもらえる人が増えるといいなあ、
と思っています。

 

本日の日課 56点(おっと、ちょっと勇み足的なブログ)
(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。)



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【A4一枚賃金制度】
 榎本あつし アニモ出版 2019-12-10
 ※賃金制度も含めた人事制度全般の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【A4一枚賃金制度】

 【働き方改革を実現する会社ルールブック】
 榎本あつし アニモ出版 2019-2-15
 ※組織改善・向上につながるツールの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【働き方改革を実現する会社ルールブック】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-ABAマネジメント