A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

連続強化と部分強化。

2018/05/30

今日は半日、人事評価の目標設定の指導をいたしました。

 

作ってもらった目標について、
書き方について、皆で検証、そして個別に添削と指導。

 

何事もそうですが、
知識を伝え、練習をして、実践をして、復習をする。

 

これをやって、
身に付いていくのですね。

 

次回、修正して上がってくる目標設定が、
どのようなものになっているか、楽しみです。

 

さて、本題です。

 

毎回ご褒美が出るのと、
たまにしかご褒美が出ないのと。

 

どちらが行動が続くのか、というと、
実は・・・。

 

★連続強化と部分強化。

 

連続強化(毎回褒められる)から、
部分強化(たまに褒められる)にしていくと、
褒められないときに、行動しなくなってしまうことに、
抵抗力がついてくるようになります。

 

これを、ABA(応用行動分析学)では、
「消去抵抗」といいます。

消去とは、良い結果(好子)が、出てこなくなると、
それまで強化されていた行動は、やらなくなってしまうこと。

 

しかし、毎回必ず良い結果(好子)が出てきたときに比べ、
出たり出なかったりするときのほうが、
行動をしなくならずに、継続するのです。

 

 

なかなかわかりづらいかと思いますが、
そんなときはやはり、例え。
次のような例で考えてみましょう。

 

・子どもが、お菓子を欲しいとねだると、
毎回お菓子をお母さんが買ってくれた。

しかし、ある日から全く買ってくれなくなった。
一時的には何度もねだったが、その後諦めてねだらなくなった。

 

・子どもが、お菓子を欲しいとねだると、
お母さんは買ってくれる時と買ってくれない時とがあった。

そのうち、何度ねだっても、買ってくれない時期が続いた。
もっとねだれば、買ってくれるだろうと思い、子どもはねだり続けた。

 

ABA(応用行動分析学)は、行動を分析する学問です。
どれくらいの間隔で、好子を提示したら、行動が継続するのか、
やめてしまうのかという実験データが膨大にあります。

 

その実験の結果、連続強化に比べて、
部分強化の方が、行動は継続することが分かっています。

 

一般的な言い方をすると、
それまで当たり前に必ず出ていたものが、
出なくなると、諦めも早くなる、ということ。

 

【連続強化からの消去】 → 消去しやすい

・ボールペンのインクが出ていた → 出なくなった → 使わなくなる
・毎回メールの返信があった → ある日全く来なくなった →メールを出さなくなる
・必ず映っていたTV → つかなくなった → 使わなくなる

 

【部分強化からの消去】 → 消去しにくい

・ボールペンのインクが出たりでなかったり → 今日は出なくなった → もう少し粘って使う
・メールの返信があったりなかったり → しばらく来なくなった→ 次はもらえるかも・・・とまたメールを出す
・調子の悪いTV → つかなくなった → つくまで何度も試してみる

 

このように、良い結果が、
当たり前のように毎回出ているときは、
出なくなったら、もう終わりというように消去されやすくなります。

 

一方で、元々出たり出なかったりの経験をしているの、
今は出ないけれども、次こそは、とか、もっと粘れば出るかも・・・、
と、行動はより継続するのです。

 

連続強化と部分強化ということを知ることで、
どのように段階を経て、行動を身に付けてもらい、
それを継続させるか、という、教え方のデザインを作っていくことができるのです。

 

 

本日の日課 56点(毎回反省を活かしてないのが、悪いよね)

(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-ABA(応用行動分析学), ABAマネジメント