A4一枚評価制度と組織のためのABA(応用行動分析学)

社労士やら人事コンサルやら行動分析の研究やら猫やら馬やらで毎日過ごしています。

なぜ取り組みが継続しないか。

ダイエット部 by ABA-LABO

 

という、フェイスブックページを立ち上げて、
ABA(応用行動分析学)のアプローチから、
ダイエットのための行動の継続を促そう、ということをやっています。

 

結構、みんなうまく言っていて、
体重が順調に落ちている人が出ています。

 

ところが、言い出しっぺの私が、
ほとんどスタート時から変わらず・・・。

 

という、ていたらくぶりを発揮していたのですが、
なんと昨日一気に0.85kgも減りました!

 

ようやく私もスタートに立てた気分です。

 

年末までにあと4kg!
頑張って達成させたいと思います。

 

さて、本題です。

 

★なぜ取り組みが継続しないか。

 

冒頭のダイエットのケースでもよく言われますが、
やればいい、というのに継続しないのは、多くの人が抱える悩みです。

 

同様に、ABAマネジメントの研修を受けていただいたり、
講座で知識や練習を身に着けていただいた管理者の方。

 

一番多い悩みが、

「最初はうまくやれていたけど、だんだん部下を見なくなってしまった」

というものです。

 

ABAマネジメントを扱う弊社のモットーは、
「見える行動・測れる向上」です。

 

人の行動をちゃんと観察して(直接見れなくとも、何かしらの見える化)、
その望ましい行動が、ちゃんと増加しているかどうか、
定着しているかどうか、
を見ていかなければいけません。

 

なんとなくよくなった、
では、なんとなく、もとに戻ってしまっているのです。

 

部下を観察できていないと、
頑張って行動したことを見逃してしまい、
タイミングよく好子を提示できなくなります。

 

うまくできていない場合も、
そこに適切なヒントを出したり、
指導もできなくなります。

 

では、どうしたらよいでしょうか。

 

これは、忙しい人ほど、
「決まり事」
で、必ず部下を観察する時間をつくる、
ということです。

 

週に一回の15分ミーティング、
毎日の日報、
業務ごとの報告書等々。

 

部下の直接の行動でなくても、
時間が遅くなりすぎないように、
行動がどうだったか、をチェックできるようにしましょう。

 

 

そのタイミングがあることで、
部下の行動にも緊急度が増し、
行動のきっかけとしても働くようになります。

 

上司のような忙しい人ほど、
他の業務より優先事項を高く設定(お客様とのアポイントよりも優先)し、
それを守っていかなければならないのです。

 

ABAマネジメントに限らず、
新しいものが定着しない要因の大きなものに、
「他の優先事項に負けてしまう」
という事実があります。

 

定着し、慣れてしまえば、
そんなに負担ではないことでも、
いつまでもやれないままになってしまうのです。

 

いつもの仕事だけのほうが、楽ですし、
完成度も高くなりますからね。

 

このハードルを乗り越えるためには、
最初は強制でも、回していくことが必要なのです。

 

自主的に取り組まないと意味がない、
といっているまま、いつまでも定着しないことのないようにしましょう。

 

本日の日課 64点(今日はこれから懇親会。誘惑に負けないように頑張ります)

(日課とは、オリジナルで作製した「行動アシスト手帳」に書かれている毎日やる25項目のうち、何項目やったかを点数化したものである。どんな項目かはナイショ。



 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】
 榎本あつし アニモ出版 2016-8-10
 ※中小企業向けの人事評価制度の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【人事評価で業績を上げる!A4一枚評価制度】

 【A4一枚賃金制度】
 榎本あつし アニモ出版 2019-12-10
 ※賃金制度も含めた人事制度全般の本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【A4一枚賃金制度】

 【働き方改革を実現する会社ルールブック】
 榎本あつし アニモ出版 2019-2-15
 ※組織改善・向上につながるツールの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【働き方改革を実現する会社ルールブック】

 【自律型社員を育てるABAマネジメント】
 榎本あつし アニモ出版 2017-12-15
 ※ABA(応用行動分析学)を用いたマネジメントの本を書きました!

 amazonでの購入はこちら↓
 【自律型社員を育てるABAマネジメント】

-ABA(応用行動分析学), ABAマネジメント